Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

フォルダー パッケージ

  • 更新済み: 2021/10/08
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

フォルダー パッケージ

フォルダー パッケージ で利用できる アクション を使用して、フォルダー関連の操作を自動化します。

フォルダー パッケージアクション

フォルダー パッケージ には以下の アクション が含まれています。

アクション 説明
コピー [コピー] アクション の使用」を参照してください。
作成 新しいフォルダーを作成します。
  • [フォルダー] フィールドに名前と場所を指定します。
    注: フォルダー名に AUX、CON、LPT、NUL、PRN などのシステム アクションやデバイス参照を含めることはできません。
  • 既存のフォルダーを上書きするには、[既存のフォルダーを上書き] チェックボックスを選択します。
    注: このオプションが選択されていない場合、システムは新しいフォルダーの名前に数値を追加します。
ショートカットを作成 ユーザー指定場所で特定のファイルヘのショートカットを作成します。ショートカットはソース フォルダーに応じて異なります。ソース フォルダーに加えた変更は、ショートカットにも適用されます。
  • [ターゲットの場所] フィールドに名前と場所を指定します。
  • [ショートカットの場所] フィールドに名前と場所を指定します。
注: 有効なロールと必要な権限を持つユーザーは、指定された場所に選択されたソース ファイルのショートカットを作成できます。
シンボリック リンクを作成 ユーザーが指定した場所にあるファイルへのシンボリック リンクを作成します。ショートカットはソース ファイルに依存しているため、ソース ファイルに加えた変更はショートカットにも適用されます。
  • [ターゲットの場所] フィールドに名前と場所を指定します。
  • [ショートカットの場所] フィールドに名前と場所を指定します。
注: 管理者権限しかないユーザーが、指定した場所にあるファイルへのショートカットを作成することができます。
削除 [削除] アクション の使用」を参照してください。
開く 特定の場所のフォルダーを開きます。

[フォルダー] フィールドに名前と場所を指定します。

名前を変更 [名前を変更] アクション の使用」を参照してください。
解凍 [解凍] アクション の使用」を参照してください。
Zip Zip アクション の使用」を参照してください。
フィードバックを送る