Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot を作成して、新しいパッケージをテストする

  • 更新済み: 2022/05/19
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

Bot を作成して、新しいパッケージをテストする

Automation 360アクション を使用して Bot を作成し、Control Room に追加した新しいパッケージをテストします。

前提条件

Bot をビルドするには、以下があることを確認します。

  • Control Room へのアクセス権。
  • AAE_Basic 権限または Bot を作成するためのカスタム ロールを持つ資格情報。
  • ワークステーションが Control Room の登録済みデバイスであること。
  • A2019FileDetails-2.0.9.jar のパッケージは、Control Room で入手できます。

手順

  1. Control Room にログインします。
  2. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
    使用可能な Bot とフォームのリストが表示されます。
  3. [Bot を作成] アイコンをクリックします。
  4. [名前] フィールドに、TestingFileSize またはその他の任意の名前を入力します。
  5. [作成と編集] をクリックします。
  6. [アクション] ウィンドウで、[ファイルの詳細] を見つけ、[ファイル サイズ] を Bot フローにドラッグします。
    1. [解析用ファイルの選択] フィールドで、[デスクトップ ファイル] を選択し、[参照] をクリックして、デスクトップから任意のファイルを選択します。
    2. [変数を作成] をクリックして、新しい数値変数を作成します。
    3. [変数を作成] に nFileSize と入力し、[作成して選択] をクリックします。
    4. [適用] をクリックします。
  7. [アクション] ウィンドウで、[数値] パッケージを見つけて、[文字列に変換] コマンドをドラッグします。
    1. [数字を入力] フィールドに [F2] と入力し、[nFileSize] を選択します。
    2. [出力を変数に代入] フィールドのドロップダウン リストから、[プロンプト割当 - 文字列] を選択します。
    3. [適用] をクリックします。
  8. [アクション] ウィンドウから、[メッセージ ボックス] をドラッグします。
  9. [表示するメッセージを入力] フィールドで、[F2] をクリックし、[プロンプト割当変数] を挿入します。
  10. [適用]、[保存] の順にクリックします。
  11. [実行]をクリックします。
    Bot は、正常にビルドされた [<ファイル サイズの値>] を表示します。
Bot の Bot を実行できなかった場合は、戻って Control Room の構成手順を変更してください。
フィードバックを送る