Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

List package

  • 更新済み: 2020/09/17

    List package

    [リスト] packageには、リスト データ型の変数にさまざまな操作を実行できるactionsが含まれています。

    リスト データ型の変数の操作

    リストは、順序付けられた値のコレクションです。値は、Boolean、数値、または文字列のデータ型のサブタイプです。リスト変数を初期化するとき、[任意] データ型サブタイプを選択すると、3 つのデータ サブタイプのどれでも格納できます。新しい変数を作成するか、[変数] メニューから既存の変数を選択して [追加] をクリックすると、値を手動で入力できます。

    リスト型変数の一般的な用途は次のとおりです。
    • 複数の受信者にメールを送信する。
    • 複数の Web アドレスを検索する

    [リスト] package内のActions

    [リスト] actionを [ループ] action内で使用している場合は、[リストの各項目] 反復子を使用する必要があります。

    [リスト] packageには以下のactionsがあります。

    Action 説明
    項目を追加 リスト変数に項目を挿入します。項目をリストの最後に追加するか、リスト内の位置を指定できます。
    • 項目を追加するリスト変数を [リスト変数] リストから選択します。
    • 追加する値が含まれた変数を [追加する項目] から選択します。
      注: 変数は他のリスト項目と同じサブデータ型です。
    • 項目をリストの最後に追加する場合は [リストの最後] オプションを選択します。項目を追加するリスト内のインデックスを指定する場合は、[リストのインデックスで] を選択します。

      リスト インデックスは 0 から始まります。リスト内の最初の項目は位置「0」にあり、2 番目の項目は位置「1」にあります。たとえば、項目をリスト内の 4 番目の位置に追加するには、[リストのインデックスで] フィールドに「3」と入力します。

    代入 ソースのリストの値をターゲットのリスト変数に割り当てます。
    • ドロップダウン リストからソース リスト変数を選択するか、新しいリスト変数を作成します。
    • 出力を格納するリスト変数を選択または作成します。

    消去 選択したリスト変数からすべての項目を消去します。
    項目を取得 リスト内の指定された位置にある値を取得して、出力を変数に格納します。
    • 値の取得元にするリスト変数を リスト変数 リストから選択します。
    • 値を取得するリスト内の位置を 番号 フィールドで指定します。リスト インデックスは 0 から始まります。リスト内の最初の項目は位置「0」にあり、2 番目の項目は位置「1」にあります。
    • 出力の格納に使用する変数を [出力を変数に割り当て] リストから選択します。
    項目を結合 リスト変数内の使用可能な値をすべて組み合わせて、出力を文字列変数に格納します。出力で使用する区切り文字を指定できます。
    • 使用するリスト変数を リスト変数 リストから選択します。
    • 出力の値を区切るために使用する区切り文字を 区切り文字 フィールドで指定します。
    • 出力の格納に使用する変数を [出力を変数に割り当て] リストから選択します。
    項目を削除 リストから項目を削除し、出力を変数に割り当てます。
    • 項目の削除元にするリスト変数を リスト変数 リストから選択します。
    • 値を削除するリスト内の位置を 番号 フィールドで指定します。リスト インデックスは 0 から始まります。リスト内の最初の項目は位置「0」にあり、2 番目の項目は位置「1」にあります。
    • 出力の格納に使用する変数を [出力を変数に割り当て] リストから選択します。
    項目を設定 リスト内の特定の位置で項目を設定して、出力を変数に格納します。
    • 値を設定する場所にあるリスト変数を リスト変数 リストから選択します。
    • 項目を設定するリスト内の位置を 番号 フィールドで指定します。リスト インデックスは 0 から始まります。リスト内の最初の項目は位置「0」にあり、2 番目の項目は位置「1」にあります。
    • 出力の格納に使用する変数を [出力を変数に割り当て] リストから選択します。
    サイズ: リスト内の項目数を取得し、出力を数値変数に割り当てます。
    • サイズの取得元にするリスト変数を リスト変数 リストから選択します。
    • 出力を格納するために使用する数値変数を 項目数を変数に割り当て リストから選択します。
    フィードバックを送る