Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot の RabbitMQ クラスター構成

  • 更新済み: 2021/11/03
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

IQ Bot の RabbitMQ クラスター構成

コマンド プロンプトを使用して 3 つのクラスターを構成します。

前提条件

クラスター モードでの IQ Bot のインストール のステップ 1 と 2 を実行します。

手順

  1. コマンド プロンプトを開き、{RabbitMq installation directory}\sbin に移動して、コマンドrabbitmqctl.bat cluster_status
    次のような出力が表示されます。Cluster status of node rabbit@IQBotCluster1 ... [{ nodes, [{ disc, [rabbit @IQBotCluster1] }] }, { running_nodes, [rabbit @IQBotCluster1] }, { cluster_name, << "rabbit@IQBotCluster1" >> }, { partitions, [] }, { alarms, [{ rabbit @IQBotCluster1, [] }] }]
  2. 次のコマンドを実行します。rabbitmqctl list_queues -p test
  3. プライマリ クラスターの設定
    1. IQBotCluster1 VM で、コマンド プロンプトを開き、{IQ Bot Installation Directory}\Configurations に移動します。
    2. 次のコマンドを実行します。messagequeue_cluster_configuration.bat “IQBotCluster1”
  4. 2 番目のクラスターをプライマリ クラスターにリンクします。
    1. IQBotCluster2 VM で、コマンド プロンプトを開き、{IQ Bot Installation Directory}\Configurations に移動します。
    2. 次のコマンドを実行します。messagequeue_cluster_configuration.bat “IQBotCluster1”
  5. クラスターが正常に追加されたかどうかを確認します。
    コマンド プロンプトを開き、{RabbitMq installation directory}\sbin に移動して、コマンドrabbitmqctl.bat cluster_status
    次のような出力が表示され、2 つのクラスターが正常に追加されたことが示されます。Cluster status of node rabbit @IQBotCluster2...[{ nodes, [{ disc, [rabbit @IQBotCluster1, rabbit @IQBotCluster2] }] }, { running_nodes, [rabbit @IQBotCluster1, rabbit @IQBotCluster2] }, { cluster_name, << "rabbit@IQBotCluster1" >> }, { partitions, [] }, { alarms, [{ rabbit @IQBotCluster1, [] }, { rabbit @IQBotCluster2, [] }] }]
  6. 3 番目のクラスターをプライマリ クラスターにリンクします。
    1. IQBotCluster3 VM で、コマンド プロンプトを開き、{IQ Bot Installation Directory}\Configurations に移動します。
    2. 次のコマンドを実行します。messagequeue_cluster_configuration.bat “IQBotCluster1”
    次のような出力が表示され、3 番目のクラスターが正常に追加されたことが示されます。Cluster status of node rabbit @IQBotCluster3...[{ nodes, [{ disc, [rabbit @IQBotCluster1, rabbit @IQBotCluster2, rabbit @IQBotCluster3] }] }, { running_nodes, [rabbit @IQBotCluster1, rabbit @IQBotCluster2, rabbit @IQBotCluster3] }, { cluster_name, << "rabbit@IQBotCluster1" >> }, { partitions, [] }, { alarms, [{ rabbit @IQBotCluster1, [] }, { rabbit @IQBotCluster2, [] }, { rabbit @IQBotCluster3, [] }] }]

次のステップ

クラスターのリンクが完了したら、クラスター モードでの IQ Bot のインストール のステップ 4 に進みます。

フィードバックを送る