Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

デモ パッケージを使用して、デモ Bot を作成

  • 更新済み: 2021/08/11
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

デモ パッケージを使用して、デモ Bot を作成

デモ パッケージを使用して Bot を作成し、作成された アクション を検証します。

前提条件

このデモ Bot をビルドするための最低限の前提条件を次に示します。
  • Control Room へのアクセス
  • [AAE_Basic] 権限を持つユーザー資格情報
  • ローカル ホスト (ワークステーション) が Control Room の登録済みデバイスであること
  • デモ パッケージ A2019DemoPackageFirstnameLastname が、Control Room で利用可能なことを確認します
このタスクは、以下のアクションとコンポーネントを使用します。

手順

  1. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
    使用可能な Bot とフォームのリストが表示されます。
  2. [マイ TaskBot] アイコンをクリックします。
  3. [名前] フィールドに、MyDemoBot1 と入力します。
  4. [作成と編集] をクリックします。
  5. [A2019DemoPackageFirstnameLastname] を展開し、[大文字] をダブルクリックします。
  6. すべて小文字で hello world, go be great! と入力します。
  7. 変数 vMyDemoVar1 を作成します。
  8. [適用] をクリックします。
  9. [メッセージ ボックス] を追加し、変数 [vMyDemoVar1] を [表示するメッセージを入力] フィールドに挿入します。
  10. [適用]、[保存] の順にクリックします。
  11. [実行] アイコンをクリックします
    メッセージ ボックスには、「HELLO WORLD, GO BE GREAT!」とすべて大文字で表示されます。カスタム アクション [大文字] により、すべての文字が小文字から大文字に変換されました。

次のステップ

タスク JAR ファイルを作成するために使用する Java ファイルを変更する は、すべての大文字を小文字に変換するために、[大文字] アクションがどのように変更するかを指示します。
フィードバックを送る