Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room 認証オプションを構成

  • 更新済み: 2022/05/18
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Control Room 認証オプションを構成

Control Room の初回起動時のオプションと認証方法は、インストール モードとデプロイ タイプによって異なります。

クラウド およびクラウド有効化済みデプロイの Control Room の認証オプションは、オンプレミス デプロイのオプション (カスタム モードを使用してインストール) とは異なります。
インストール (カスタムモード) が完了したら、カスタム モードで Control Room を構成して、Active Directory (AD)、Control Room データベース、またはシングル サインオン (SSO) でユーザーを認証します。
注: Active Directory 認証モードは、オンプレミス デプロイで利用でき、クラウド およびクラウド有効化済みデプロイでは利用できません。

インストール モード (エクスプレスまたはカスタム) とデプロイ タイプ (オンプレミスクラウド およびクラウド有効化済み) に基づいて、Control Room の次の認証方法のいずれかを選択します。

フィードバックを送る