Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

リスト検証を使用して、テキストフィールドの精度を高めることができます。

  • 更新済み: 2020/05/07
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

リスト検証を使用して、テキストフィールドの精度を高めることができます。

ドキュメント クラスをマッピングする際に、フィールドまたはテーブル列の定義中に検証するよう設定すると、フィールドまたはテーブル列を事前に定義されたパラメーターに対して検証できます。これにより、データのデジタル化プロセス中に一致しないものが検出された場合は、警告が表示されます。

各テキスト値を別々の行に入力します。
  • bot は、この定義済みリストに反するフィールド/テーブル列の抽出値を検証し、[抽出結果を表示] の段階中に一致しないものを確認します。
  • 検証以外にも、このプロセスでは抽出値の自動修正も行えます。
  • 検証中のエラーは赤い枠で囲まれ、[抽出結果を表示] 段階に表示されます。エラーの上にマウスを移動させ、エラータイプを確認します。
リスト検証値が Adam で抽出値が Adem の場合、抽出値は Adam に自動修正されます。この例では 75% の文字が一致します。マッチングのしきい値は最低 66% です。
フィードバックを送る