Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

セル操作

  • 更新済み: 2020/02/12

    セル操作

    [Office 365 Excel] パッケージには、セルと範囲の操作 (追加、削除、書式設定、プロパティの取得、挿入など) に関連するタスクの自動化に使用できるさまざまなアクションが含まれています。

    [Office 365 Excel] パッケージには、以下のアクションが含まれています。

    Action 説明
    セルを削除 アクティブなセル または 特定のセル を現在のワークシートから削除します。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • [特定のセル] を選択した場合は、セルの位置を入力します。たとえば「A1」と入力します。
    • 次のいずれかのオプションを選択します。
      • セルを左に移動: 指定したセルを削除し、セルの位置を左に 1 つ移動します。
      • セルを上に移動: 指定したセルを削除し、セルの位置を上に 1 つ移動します。
      • 行全体: 削除するように指定したセルを含む行全体を削除します。
      • 列全体: 削除するように指定したセルを含む列全体を削除します。
    範囲の削除 特定の範囲のセルを削除します。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • セルの範囲を入力します。たとえば、「A1:B4」と指定します。これにより、最初の 4 行 x 最初の 2 列から成る領域が削除されます。
    • オプション ボタンを使用して、セルを上と左のどちらに移動するかを指定します。
      • セルを上に移動: 指定したセルを削除し、削除された行数だけセルを上に移動します。
      • セルを左に移動: 指定したセルを削除し、削除された列数だけセルを左に移動します。
    セルのフォーマット [セルの書式設定] アクションを使用する」をご覧ください。
    セルの取得 セルの値を取得します。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • [アクティブなセル] または [特定のセル] オプションを選択し、セルの位置を入力します。
    • 出力を文字列変数に割り当てます。数学演算を実行するには、文字列を数値に変換します。[文字列] > [変換] アクションを参照してください。
    セル/テキストの色の取得 [セル/テキストの色の取得] アクションの使用」をご覧ください。
    複数のセルを取得 ワークシート内の複数セルの値を取得して、出力を変数に割り当てます。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • [複数のセル] または [すべてのセル] オプションを選択します。[複数のセル] を選択した場合は、「A1:D1」などのセル範囲を入力します。これで、先頭行にある最初の 4 つのセルの値が取得されます。
    • 出力を文字列変数に割り当てます。文字列を数字に変換するには、[文字列] > [変換] アクションを参照してください。
    セルに移動 カーソルをワークシートの特定のセルに移動します。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • 次のオプションを選択できます。
      • 特定のセル: 指定したセル アドレスに移動します。
      • 1 つ左のセル: 1 セル左に移動します。
      • 1 つ右のセル: 1 セル右に移動します。
      • 1 つ上のセル: 1 セル上に移動します。
      • 1 つ下のセル: 1 セル下に移動します。
      • 行の先頭: 同じ行の最初のセルに移動します。
      • 行の末尾: 同じ行でデータを含む最後のセルに移動します。
      • 列の先頭: 同じ列の最初のセルに移動します。
      • 列の末尾: 同じ列でデータを含む最後のセルに移動します。
    セルの挿入 既存の値を上書きせずに、現在のワークシート内の [アクティブなセル] または [特定のセル] に値を挿入します。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • [特定のセル] を選択した場合は、セルの位置を入力します。たとえば「A1」と入力します。
    • セルを挿入した後、以下の操作を実行できます。
      • セルを下に移動: 指定した行数だけ既存の値を下に移動します。
      • セルを右に移動: 指定した列数だけ既存の値を右に移動します。
    範囲の挿入 既存の値を上書きせずに、現在のワークシートに範囲を挿入します。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • セルの範囲を入力します。たとえば、「A1:B4」と指定します。これにより、最初の 4 行 x 最初の 2 列から成る領域が挿入されます。
    • セルを挿入した後、以下の操作を実行できます。
      • セルを下に移動: 指定した行数だけ既存の値を下に移動します。
      • セルを右に移動: 指定した列数だけ既存の値を右に移動します。
    セルの貼り付け セルから値をコピーして、指定したセルに貼り付けます。挿入先のセルに値がある場合は、このアクションでその値が上書きされます。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • アクティブなセル または 指定されたセル オプションを選択して、値をコピーする元のセルを指定します。[指定されたセル] オプションを選択した場合は、セルのアドレスをフィールドに指定します。
    • 値の貼り付け先のセルのアドレスを入力します。たとえば、「B3」と指定します。
    セルの数式を読む アクティブなセル または 指定されたセル のフォーマットを取得して、文字列変数に出力を割り当てます。指定したセルに数式が含まれていない場合にこのアクションを実行すると、ブランクの値が返されます。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • アクティブなセル または 指定されたセル オプションを選択して、フォーマットを読み込む元のセルを指定します。[指定されたセル] オプションを選択した場合は、セルのアドレスをフィールドに指定します。
    • [出力を変数に割り当てる] リストから、セルの書式設定を格納する文字列変数を選択します。
    セルの数式を読む [アクティブなセル] または [指定されたセル] で使用可能な数式を取得して、文字列変数に出力を割り当てます。指定したセルに数式が含まれていない場合にこのアクションを実行すると、ブランクの値が返されます。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • [アクティブなセル] または [指定されたセル] オプションを選択して、数式を読み取るセルを指定します。[指定されたセル] オプションを選択した場合は、セルのアドレスをフィールドに指定します。
    • 数式の名前を格納する文字列変数を [出力を変数に代入] リストから選択します。Control Room に、内容が分かるようなデフォルト変数名が表示されます。複数の出力変数を作成すると、重複を避けるために、後続の変数名に -1-2-3 などが追加されます。
    セルを設定 Microsoft Excel スプレッドシートまたは CSV ファイルで、[アクティブなセル] または [特定のセル] を設定します。このアクションを使って数式を設定することもできます。
    • [アクティブなセル] または [指定されたセル] オプションを選択して、値を設定するセルを指定します。[指定されたセル] オプションを選択した場合は、セルのアドレスをフィールドに指定します。
      注: [特定のセル] フィールドにセルの範囲を入力すると、範囲内のすべてのセルの特定の値を設定できます。たとえば、2 番目の行と最初の列から 3 番目の列のすべてのセルに「5」という値を設定するには、「A2:C2」と入力します。
    • 設定する値を [セルの値] フィールドに入力します。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    セルの色を取得する [アクティブなセル] または [特定のセル] の背景またはテキストの色を設定します。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • [アクティブなセル]、[特定のセル]、または [セルの範囲] オプションを選択して、色を設定するセルを指定します。[指定されたセル] オプションを選択した場合は、セルのアドレスをフィールドに指定します。
    • [セル] または [セル内のテキスト] に適用する色を選択します。
    • 設定する値を セルの値 フィールドに入力します。色名か六進数の値を使用します。色名と対応する六進数の値については、「頻繁に使用されるセルの色」のリストを参照してください。
    セルの数式の設定 指定したセルの数式を設定します。
    • [開く] でワークブックを開く際に使用したセッション名を入力しますaction
    • [アクティブなセル]、[特定のセル]、または [セルの範囲] オプションを選択して、色を設定するセルを指定します。[指定されたセル] オプションを選択した場合は、セルのアドレスをフィールドに指定します。
    • 「=」のない [セルの数式] フィールドに、設定する値を入力します。
    フィードバックを送る