Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

シチズンディベロッパー ユーザー

  • 更新済み: 2021/07/12
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

シチズンディベロッパー ユーザー

シチズンディベロッパー は、Bot を作成して実行し、これらの自動化タスクを同僚と共有できるビジネス ユーザーです。シチズンディベロッパー は通常、技術の専門家ではなく、マーケティング アナリスト、人事マネージャー、アカウント マネージャーなどの専門家です。

概要

Bot の作成権限を持つユーザーは、デバイス上で Bot の作成と編集、実行、またはスケジュール設定を行うことができます。Bot の実行権限を持つユーザーは、公開フォルダーにアクセスして、公開済み Bot を実行またはスケジュールすることができます。シチズンディベロッパー ユーザーはこれらの権限を組み合わせて Bot を作成したり、公開フォルダーにアクセスしたりするほか、公開済み Bot のクローンを作成してデバイス上で実行したりできます。

機能

組織では、通常は管理者が必要な Bot 権限を持つ シチズンディベロッパー ロールを作成し、データベースまたはフォルダーへのアクセスを指定します。管理者はこのロールを既存または新規ユーザーに割り当て、シチズンディベロッパー ライセンスを割り当てます。

シチズンディベロッパー ユーザーは、次のタスクを実行できます。

  • Bot を作成し、デバイスで実行します。
  • デバイスで Bot に対するイベント トリガーを追加および削除します。

    シチズン ディベロッパー ユーザーは、プライベート イベント トリガーを作成できます。ただし、他のシチズン ディベロッパーまたは Bot Runner ユーザーがそのイベント トリガーにアクセスできるようにするには、関連付けられている Bot を公開フォルダーにチェックインする必要があります。

  • 他の シチズンディベロッパー ユーザーがアクセスできる公開フォルダーに Bot を公開します。
  • 公開フォルダーにアクセスして、公開済み Bot のクローンを作成します (トリガーが設定された Bot を含む)。
  • クローンの Bot をカスタマイズし、デバイス上で実行します。
  • デバイスから公開フォルダーに Bot をチェックインします。
  • 公開フォルダーから Bot をチェックアウトします。

次の画像は シチズンディベロッパー ユーザーの権限を示したものです。

シチズンディベロッパー ユーザーの権限

組織にマーケティング チームと財務チームがあるとします。管理者は、次の 2 つの シチズンディベロッパー ロールを作成します。
  • CD (マーケティング) は、すべてのマーケティング チーム フォルダーへのアクセスが可能です。
  • CD (財務) は、すべての財務チーム フォルダーへのアクセスが可能です。
その後、管理者は各チーム内のユーザーに シチズンディベロッパー ライセンスを割り当てます。CD (マーケティング) のロールが割り当てられている シチズンディベロッパー ユーザーは、各自のデバイスで Bot を作成して実行できます。CD (マーケティング) ロールを持つユーザーが公開フォルダーに Bot を公開すると、マーケティング チーム内の他の シチズンディベロッパー ユーザーはその Bot のクローンを作成して、各自のデバイスで実行できます。

同様に、CD (財務) ロールを持つ シチズンディベロッパー ユーザーは、財務チーム フォルダー内で同じ権限を持つことになります。ただし、あるチームのユーザーは、他のチームから公開されたフォルダーや Bot にはアクセスできません。

フィードバックを送る