Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

トリガー ループ パッケージ

  • 更新済み: 2021/10/26
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

トリガー ループ パッケージ

[トリガー ループ] パッケージ では、トリガー イベントが発生したときに一連の アクション を実行できます。1 つの Bot 内に複数のトリガー ループを挿入したり、1 つのトリガー ループを別のトリガー ループ内にネストしたりできます。

トリガー ループ パッケージ 内の アクション

アクション 説明
トリガー ループ トリガー イベントが発生したときにループを開いて、一連の アクション を実行します。
注: [トリガー ループ] 内のイベントは順番に実行され、この間に発生する並列イベントはすべてキューに入れられます。
ハンドル トリガー イベントを指定し、そのイベントが発生したときにコンテナ内の アクション を実行します。

[ハンドル] アクション を ([フロー] ビューの) [トリガー ループ]、または ([リスト] ビューの) [トリガー ループ] の下にドラッグします。

Break トリガー イベント内の他の Bot を継続するには、アクション のトリガー ループを終了します。トリガー ループ ハンドルの後に [Break] アクション がない場合、Bot はトリガー ループの先頭に戻り、次に設定された アクション を待ちます。そのため、[Break] アクション を追加してトリガー ループを終了し、次の アクション に移動しないと、Bot が無期限に実行されます。たとえば、Bot の [Break] アクション は、ユーザーがフォームを閉じるかキャンセルする必要がある場合に使用できます。

トリガー ハンドル コンテナに [Break] アクション をドラッグします。

ハンドル アクション 内のトリガー

Trigger 説明 オプション
フォーム フォーム フィールドが変更されたときに、アクション を実行します。既存のフォームと要素を選択します。

インタラクティブ フォームの使用

  • クリック時: ボタンがクリックされます。
  • フォーカスを取得しました: 入力フィールドがクリックされます。
  • フォーカスを失いました: ユーザーが入力フィールドから移動します。
  • 変更済みの値: チェックボックスまたはラジオボタンのステータスが変更されます。
  • 値が選択されました: チェックボックスが選択されます。
  • 値が未選択です: チェックボックスが選択解除されます。
  • 割り当て先 (任意): 変数を作成または選択し、指定されたフォーム要素の値をこの変数に代入します。
ホット キー 特定のキーを押すと、アクション が実行されます。
  • 修飾子: Ctrl、Shift、Alt、AltGr、Win
  • キー:
    • A~Z の文字
    • 0~9 の数字
オブジェクト 選択したインターフェース要素でイベントが発生したときに、アクション を実行します。たとえば、ユーザーがボタンをクリックした場合などです。

オブジェクトのインターフェース トリガーは、ネイティブの Windows アプリケーションのみで使用できます。

フィードバックを送る