Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Community Edition A2019.18 リリース ノート

  • 更新済み: 1/13/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace

Community Edition A2019.18 リリース ノート

リリース日: 2021 年 1 月 5 日

Community Edition A2019.18リリース(Build 7560)の新機能とサポートされるパッケージを確認します。

Community Edition A2019

Bot agent update: このリリースには、Bot agent に必要な更新が含まれています。前のリリースからこのリリースへアップグレードする際、オートメーション アクティビティを続行するために必ず更新を完了させてください。

Bot agent を自動更新 | 手動での Bot agentの更新

Build 7560 (Community Edition) は バージョン Bot agent 16.19.8232 と互換性があります。

新機能
Bot移行packageのタイムアウトの構成

bots を移行するとき、3~90 分の範囲でタイムアウト値を設定できるようになりました (デフォルト値は 90 分です)。設定時間内に特定の bot の移行が完了しない場合、タイムアウト メッセージが表示され、移行処理は次の bot に進みます。

変数で正規表現を使用 (Service CloudのケースID:00628227)

型変数の正規表現 (regex) を使用して、操作を実行するエンティティを指定します。たとえば、FileactionsFolderString、および Window packages では、変数で正規表現を使用できます。

変数で正規表現を使用するコマンドを備えた Enterprise 11 または Enterprise 10 bots が移行される場合、 Automation 360 の同等 actions が正規表現をサポートしない場合、正規表現は移行された bots の文字列に変換されます。

Recorder の機能拡張
  • AISense Recorder [定義] オプションを使用して、アクティブ テキストのクリックなどのインタラクションを、オブジェクトの上にカーソルを移動したときにのみ表示されるオブジェクトとともに記録します。
  • [PASSWORD_TEXT][コントロール タイプ] を持つテキスト ボックスにクリックとキー ストロークを記録すると、[レコーダー] は、フィールドに入力されたキー ストロークをキャプチャしません。代わりに、action[テキストを設定] オプションを選択し、Credential Vault から資格情報を選択したり、資格情報変数を入力したり、安全でない文字列を入力したりするオプションを提供します。
親と子の bots の間で入出力変数を効率的にマッピングします。(Service Cloud ケース ID:00537090、00698697)

入力変数の場合、[Quick map] オプションを使用して変数を選択し、親 bot が渡す値を設定します。出力変数の場合、[Multiple variables] タブを使用して、各ディクショナリ キーを変数に関連づけます。このオプションを使用すると、actions を使用して出力ディクショナリ値を抽出する必要がなくなります。

Task Bot package | [実行] actionを使用する

App Integration package における PowerBuilder アプリケーションのサポート (Service Cloud ケース ID: 00680703)

App Integration package は、ウィンドウ アプリケーションからテキストをキャプチャおよび抽出する PowerBuilder をサポートするようになりました。[Capture text of window] (ウィンドウのテキストのキャプチャ) action を使うと、PowerBuilder 画面を開き、すべてのデータをキャプチャしてキャプチャしたテキストを確認できます。

Terminal Emulator package における新しい action

Terminal Emulator package にある検索フィールド actionを使用して、含まれるテキストに基づいてフィールドを検索します。この action は、選択されたオプションに基づいて、フィールドの名前またはフィールドのインデックスを返します。

端末エミュレーターpackage

PDF package における新しい actions

PDF packageの以下のactionsを使用します。

  • プロパティの取得: PDF ファイルのプロパティを取得し、そのプロパティをディクショナリ変数に割り当てます。
  • フィールドの抽出: PDF フォームからデータを抽出します。

[フィールドを抽出] actionの使用 | [プロパティを取得] の使用 action

Browser package における新しい actions

Browser packageの以下のactionsを使用します。

  • 閉じる: Google Chrome ブラウザのウィンドウまたはタブを閉じます。
  • ソース コードの取得: Web ページのソース コードを取得し、文字列変数に保存します。
  • 戻る: 現在のタブで、以前にアクセスした Web ページに戻ります。
  • 開く: ブラウザを開いて、既存のタブ、新しいタブ、またはウィンドウ内の特定の Web ページを開きます。
  • JavaScript の実行: Web ページで JavaScript を実行します。

Browser package

アプリケーション ウィンドウのサイズの指定

[ウィンドウのサイズ変更] オプションを使用して、ウィンドウの高さと幅を特定の寸法またはキャプチャした寸法に設定します。この機能により、Bot がターゲット オブジェクトを識別する機能が強化されます。

次の packages がこの機能をサポートします。

  • App Integration
  • If [画像認識] 条件
  • If [レガシー オートメーション] > のウィンドウ コントロール 条件
  • Image Recognition
  • Simulate keystrokes
  • Legacy Automation デスクトップ > ウィンドウ コントロールの管理 action
  • Loop > [画像認識] 条件時
  • Loop > [レガシー オートメーション] > のウィンドウ コントロール条件時
  • Mouse
  • OCR
  • Screen
Terminal Emulator packageのファンクション キーのサポート

Terminal Emulator package の ANSI および VT100 端子を使用するプロセスを自動化するために、ファンクション キー (F1~F24) がサポートされるようになりました。

ウィンドウタイトルに正規表現の大文字と小文字を区別しないフラグを使用

[大文字と小文字を区別しない] 正規表現フラグを有効にして、大文字と小文字を区別しないウィンドウ タイトルを識別します。この機能により、キャプチャしたウィンドウのタイトルと文字の大文字と小文字が一致しない場合でも、bots を正常に実行できます。

次の packagesactions がこの機能をサポートします。
  • Wait
  • Image Recognition
  • Simulate keystrokes
  • Mouse > をクリックします action
  • Legacy Automation デスクトップ > ウィンドウ コントロールの管理 w
  • OCR > ウィンドウをキャプチャ領域をキャプチャ
  • Screen > ウィンドウをキャプチャ領域をキャプチャ
  • Recorder > キャプチャ
  • Window: アクティブ化閉じる最大化最小化サイズ変更

Automation Anywhere Robotic Interface (AARI)

新機能
新規AARI on the web package

AARI on the web package を使用して、タスクの割り当て、クエリ、キャンセル、リクエストの作成とクエリ、チームメンバーのリストの取得actionsなどを実行します。

AARI Web package

時間によるフィルタリング

リクエストとタスクを時間でフィルターできるようになりました。

  • [リクエスト] タブ: [フィルター] ウィンドウの [作成済み] および [更新済み] オプションを使用して、日付を選択します。
  • [タスク] タブ: [フィルター] ウィンドウの [作成済み] および [更新済み] オプションを使用して、日付を選択します。

リクエストのフィルターと検索 | タスクのフィルターと検索

更新日の表示
  • [リクエスト] タブの新しい [更新済み] 列を使用して、最後に更新されたリクエストの日付と時刻を表示します。
  • [タスク] タブの新しい [タスク更新済み] 列を使用して、最後に更新されたタスクの日付と時刻を表示します。
変数オプション

[変数の挿入] ウィンドウの [変数] フィールドに、ディクショナリリストレコードテーブルの変数タイプを含む、使用可能なリファレンスの子エレメントが表示されるようになりました。

リクエストの削除

AARI 管理者、マネージャー、およびユーザーは、AARI プロセスによって作成されたリクエストを削除できるようになりました。AARI 管理者はどのリクエストも削除できます。AARI マネージャーは、自分がオーナーであるチームのリクエストを削除できます。AARI ユーザーは、自分が作成したリクエストのみを削除できます。

リクエストを削除

マネージャーとユーザーの自動割り当て

ユーザーは、ヒューマン タスクこのタスクの自動割り当てオプションを選択して、マネージャーまたはユーザーをタスクに割り当てることができます。ユーザーは、[移動先] 要素で [ターゲット タスクの自動割り当て先] オプションを選択して、マネージャーをタスクに割り当てることもできます。

AARI プロセスの作成

Discovery Bot

新機能
のアクセスDiscovery Bot機能 Community Edition

Discovery Bot は、 Community Edition および の無料トライアル版で利用可能になりました。にログインしControl RoomDiscovery Bot左側のパネルのタブをクリックして開始します。

プロセス、記録、ビュー、および商談を作成するための利用可能な制限が、それぞれのページに表示されます。任意の数のPDDを作成しbots、必要に応じて個人用にPDDをダウンロードします。

1人のCommunity Editionユーザーは、管理者、ビジネスユーザー、アナリストの権限を持つ複数の役割を持つユーザーです。

Discovery Bot の使用の開始

システム生成ビューにモデルオプションを使用

記録に最適な集計ビューを比較し検索する場合、[モデル] オプションを使えるようになりました。このオプションを使用すると、必要に応じて、異なる組み合わせの多数のビューとして保存できます。

また、ビューを手動ビューとして保存し、ビューをさらにカスタマイズして並べて比較することもできます。[簡単] または [厳格] モデルを選択することにより、ステップが同じである記録に対して、プロセス パスに多くのブランチを含む異なる結果の記録を比較して表示できます。

ブランチと案件を含むプロセス ビューの作成

システム生成ビューにフィルター オプションを使用

一連の値を使用し、特定のパスとステップ フィルターを選択することによってさまざまな記録のプロセスの異なるセクションを比較したい場合、[フィルター] オプションを使用できるようになりました。[モデル] オプションと組み合わせて使用すると、システム生成ビューまたは手動ビューのパスおよびステップ フィルター オプションによって、自動化に適した候補を判定し決定するのに役立ちます。

ブランチと案件を含むプロセス ビューの作成

システム生成ビューにトグル頻度カウンター オプションを使用

トグル頻度カウンターを使用して、システム生成ビューのフローで特定のパスが取る記録の数を表示できるようになりました。このオプションを使用すると、他の記録やビューと比較したパスの頻度を理解するのに役立ちます。

ブランチと案件を含むプロセス ビューの作成

データ プライバシーのために記録のスクリーンショットを削除

[画面] オプション (アイコン) を使用すると、アナリストがレビューするために記録を送信する前に、記録のスクリーンショットを表示または非表示にすることができます。アナリストと個人のイメージの詳細を共有したくない場合は、このオプションを使用します。

Discovery Bot ビジネスプロセスの記録

案件表から PDD をダウンロード

案件のプロセス定義ドキュメント (PDD) は、[案件] ページに表示される案件表から直接ダウンロードできるようになりました。案件が作成されると、PDD が自動的に生成されます。PDD が生成された後、このフィールドは [PDD の生成] から [PDD のダウンロード] に変わります。その後、ドキュメントをダウンロードして保存することができます。

案件を見直し、bot に変換する

Bot Insight

新機能
Tableau からBot Insightデータにアクセス

Bot Insight の Tableau コネクタを使用して、ビジネスおよび運用情報にアクセスします。Tableau コネクタは Bot Insight API に接続し、Tableau 内で分析および視覚化できるさまざまなビジネスおよび運用メトリックを作成します。

Bot Insight で Tableau Web データ コネクターを構成する

サポートされているパッケージ

パッケージ Version:
Application 2.1.0-20201112-22332
App Integration 2.3.0-20201210-171315
Active Directory 2.1.0-20201112-223323