Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

再帰式

  • 更新済み: 1/15/2019
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • RPA Workspace

再帰式

再帰式を使用して、ディクショナリ、リスト、記録、またはテーブル変数のインデックスやキーの代わりに変数を挿入します。

再帰式には、別の変数 (外側変数) の内側にネストされた変数が含まれています。外側変数の値には、ネストされた変数の値に基づく条件があります。

たとえば、リスト変数 $listOfPlanets$ には、Mercury、Venus、Earth、Mars、Jupiter、Satn、Uranus、Neptune の値があります。数値 $indexPosition$ には 2 の値があります。式 $listOfPlanets[$indexPosition$]$Earth を返します。

以下のような式がサポートされています。最大 10 個の式を含む再帰式を作成できます。
  • $dictionaryVariable{$key$}$
  • $listVariable[$index$]$
  • $recordVariable[$index$]$
  • $tableVariable[$rowIndex$][$columnIndexOrName$]$
注:
  • リスト変数内でテーブル変数を使用することはできません。たとえば、$vListStr[$vTable[0][0]$] はサポートされていません。
  • 式をプロパティと組み合わせることはできません。たとえば、$dictionaryVar{$listStrVar[2]$}.String:reverse$ はサポートされていません。
フィードバックを送る