Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Cloud Control Room インスタンスの表示と編集

  • 更新済み: 2022/03/09
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

Cloud Control Room インスタンスの表示と編集

購入してアカウントにリンクされたすべての Cloud Control Room インスタンスと移行 Control Room の完全なインベントリ ビューを取得できます。プロビジョニング ステータス (プロビジョニングされていない、プロビジョニングが進行中、プロビジョニングが完了している、またはプロビジョニングが失敗している) を確認できます。これらのインスタンスは、必要に応じてプロビジョニングすることができます。

手順

  1. ログイン資格情報を使用して、A-People にログインします。A-People home page (login required)
  2. [ライセンスおよびクラウド サービス] タブをクリックして、ライセンスとクラウド サービス ポータルを開きます。
  3. 左側のナビゲーション ペインで、[Cloud Control Rooms インスタンス] タブをクリックし、さまざまなタイプの Cloud Control Room インスタンスのプロビジョニング済みおよび未プロビジョニングの Cloud Control Room インスタンスのリストを表示します。
    インベントリ表示には、ドメイン名、Control Room URL、Control Room がホストされている領域などのプロビジョニングされている Cloud Control Room インスタンスに関するさまざまなパラメーターが表示されます。status.omationanywhere.digital のメンテナンス通知に登録するには、領域名を使用します。
  4. プロビジョニングされた Cloud Control Room インスタンスのいずれかの [表示] オプションをクリックします。
    インスタンス名やドメイン名、プロビジョニング状況、サービス タイプ (Pure Cloud、Cloud-enabled、Cloud Sandbox など)、ライセンス GUID、プロビジョニング日、クラウド対応のトークン、インスタンスがデプロイされている環境の種類、インスタンスがホストされているクラウド地域などの Cloud Control Room インスタンスの詳細ページが開きます。
  5. オプション: 表示されたページで [編集] をクリックして、Cloud Control Room 名を任意の名前に変更します。
  6. アカウントに IQ Bot サービスの権利がある場合は、表示されたページのチェックボックスを選択して登録します。
  7. [保存] をクリックして、ページ内の変更を適用します。
フィードバックを送る