Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

デバイス

  • 更新済み: 2022/07/28
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

デバイス

デバイスは、ユーザーが Control Room に接続して Bot を作成または実行するマシンです。Control Room に登録されているデバイスは、[マネージ] タブにある [デバイス] ページから管理します。

[デバイス] ページから実行されるタスク

Bot RunnerBot Creator、およびデバイス プールの権限を持つ Control Room ユーザーは、[デバイス] ページを使用して以下のアクションを実行します。

  • Control Room の現在のインスタンスに登録および接続されているデバイスのリストを表示します。
  • Control Room の現在のインスタンスから利用できるデバイス プールのリストを作成および表示します。
  • 選択した Bot Runner で即座に Bot を実行します。

    デバイスがすでに Bot Creator 以外の別のユーザーによって登録されていて、Bot CreatorRegister device 権限または割り当て済みのデバイスが割り当てられていない場合、Bot エディターから Bot を実行すると、デプロイは失敗し、権限が不十分であることを示すエラー メッセージが表示されます。

  • 選択した Bot RunnerBot の実行をスケジュール設定します。
  • 選択したデバイス プールで Bot を実行します。
Notes:
  • Control Room 内のすべてのデバイスを表示するためのアクセス権を持っているのは管理者ユーザーだけです。管理者以外のユーザーは、Bot Creator を表示するためのアクセス権がありません。
  • デバイスにログインして Bot を実行できるのは一度に 1 つの Bot Creator だけです。同じデバイス上の Bot Creator としての新規ユーザーの場合、最初の Bot Creator を削除する必要があります。

デバイス

[デバイス] ページには、すべての設定済みデバイスと、各デバイスの現在の状態が一覧リストされます。デバイスは IP とホスト名によって特定されます。デバイスは、次のいずれかの状態になります。
接続済み
デバイスは Control Room にログインしています。
注: デバイスを削除して再登録した後、デバイス リストに「接続済み」と表示されるまで 35 秒ほど待ちます。
切断
デバイスは Control Room にログインしていません。
オフライン
デバイスは、Control Room 管理者によって登録解除または無効化されています。
次のアクションを使用できます。
ローカル デバイスに接続
Bot エージェント は、Control Room にデバイスを接続することにより、Bot を実行できる軽量アプリケーションです。ローカル マシン上で Bot を実行するには、Bot エージェント をインストールし、有効なホスト デバイスのリストにローカル デバイスを追加します。
チェックした項目で Bot をすぐに実行します
選択したデバイスで Bot を実行します。
チェックした項目を CSV にエクスポート
以下に基づいてデータを CSV ファイルにエクスポートします。
  • フィルタ
  • 選択
テーブルを更新
テーブル コンテンツを更新して、更新されたステータスを表示します。
列をカスタマイズ
特定の列を表示または非表示にします。
表示、編集、削除
[すべてのデバイスを表示および管理] の権限があれば、次のデバイス設定を表示および編集できます。
  • 名前
  • ステータス
  • Bot エージェント バージョン
  • デバイス プール名
  • ニックネーム (任意)
  • 説明
  • デバイス タイプ (単一ユーザーまたは複数ユーザー)

    マルチユーザー デバイスの場合、[同時セッションをサポート] フィールドを編集できます。

  • デバイス許可の追加または編集
  • 画面解像度

    画面解像度は、定義済みの [画面解像度] ドロップダウン リストから値を選択するか、[カスタム] を選択して目的の値を入力して設定することができます。

    • 編集できるのは、ニックネーム、説明、デバイス タイプ、画面解像度のフィールドだけです。
    • デバイス レベルの解像度を有効にするには、Control Room 設定の [デバイスによる解像度設定のオーバーライドを許可する] オプションを選択します。
    注: 画面解像度の設定は、RDP ベースのデプロイを使用する場合にのみ適用されます。通常のデプロイでは、デバイスの既存の解像度設定を使用して Windows セッションが作成されます。この場合、Control Room で設定した画面解像度は無視されます。
  • 有効期間

    デバイスの寿命は [持続的] または [一時的] です。一時デバイスは、非永続的な仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) をサポートするために作成され、デバイスが Control Room から切断されると、指定した時間経過後に自動的に削除されます。Control Room デバイス設定で、一時デバイスを自動的に削除する時間を指定できます。

    永続的デバイスは、永続的な仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) をサポートするために作成され、デバイスが Control Room から切断された後も削除されません。

  • 自動ログイン設定

    各デバイスの自動ログイン設定をカスタマイズできます。Control Room で構成した設定か、または選択したデバイス レベルで構成した設定のいずれかを選択して、新しいユーザー セッションを作成するか、Bot の実行終了後に既存のユーザー セッションを使用します。

  • インストール タイプ

    この設定は、Bot エージェント がユーザー デバイスに、ユーザー レベルかシステム レベルのどちらでインストールされているかに応じて設定します。

  • デプロイ タイプ

    この設定は、ユーザー タイプおよびインストール タイプに応じて設定されます。システム レベルでインストールされている単一ユーザーの場合、デフォルトのデプロイ タイプは [定期] です。システム レベルでインストールされている複数ユーザーの場合、デフォルトのデプロイ タイプは [RDP] です。

パッケージをプリロード
プリロードされたパッケージを使用して、よく使われるパッケージまたはカスタマイズされたパッケージをローカル デバイスにダウンロードします。パッケージはデバイスにオフライ