Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Microsoft Azure Computer Vision OCR エンジン での独自のキーの使用

  • 更新済み: 2021/09/21
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • IQ Bot

Microsoft Azure Computer Vision OCR エンジン での独自のキーの使用

独自の Microsoft Azure Computer Vision OCR エンジン サブスクリプション キーまたはスペルチェック キーを使用することできます。

Automation Anywhere が提供するスペルチェックMicrosoft Azure Computer Vision OCR エンジンキーと独自のキーを組み合わせて使用することができます。Automation Anywhere 提供のスペルチェックキーを使用すると、データは Automation Anywhere アカウントに送信されます。Automation Anywhere Microsoft Azure アカウントにデータを送信しない場合は、独自のスペル チェック サービス キーを提供するか、AzureOCREngineSettings.json ファイルで EnableAutoCorrectSegmentText: false を設定することでオフにする必要があります。

Microsoft Azure Computer Vision OCR エンジン に独自のキーを使用するには、次の手順に従います。

手順

  1. デフォルトでは、IQ Bot の暗号化された Microsoft Azure Computer Vision OCR エンジン サブスクリプション キーとスペルチェック キーが使用されます。独自の Microsoft Azure Computer Vision OCR エンジン サブスクリプション/スペル チェック キーを使用する場合は、C:\Program Files (x86)\Automation Anywhere IQ Bot <バージョン>\Configurations とフォルダー [構成] > [AzureOCREngineSettings.json] ファイルに移動して、キーを指定します。
    SubscriptionKeySubscriptionClientKey が両方指定されている場合は、SubscriptionClientKey が使用されます。
    • VisionSubscriptionKey
    • VisionSubscriptionClientKey
    • SpellCheckSubscriptionKey
    • SpellCheckSubscriptionClientKey
  2. 次のようにキーを正しく入力して、API 呼び出しが適切に行われるようにします。
    入力前:
    
    {
      "VisionServiceUrl": "https://aai-iq-bot-ocr.cognitiveservices.azure.com/",
      "EngineType": 0,
      "VisionSubscriptionKey": "",
      "VisionSubscriptionClientKey": "",
      "SpellCheckSubscriptionKey": "",
      "SpellCheckSubscriptionClientKey": "",
      "EnableDebugging": false,
      "DebuggingFolder": "C:\\Users\\Public\\Documents\\Automation Anywhere IQBot Platform\\Output\\Engine\\Azure",
      "HttpTimeoutInSec": 300,
      "EnableReprocessLowConfidentSegment": true,
      "EnableAutoCorrectSegmentText": true,
      "EnableResolveOverlappedSegment": true,
      "EnableFieldMerging": true,
      "EnableFieldRegions": true
    }
    入力後:
    
    {
      "VisionServiceUrl": "https://aai-iq-bot-ocr.cognitiveservices.azure.com/",
      "EngineType": 0,
      "VisionSubscriptionKey": "",
      "VisionSubscriptionClientKey": "191234d5e7abc1f382123459d4399e33",
      "SpellCheckSubscriptionKey": "",
      "SpellCheckSubscriptionClientKey": "336f8f6a503a4c30ba123456834d4abc",
      "EnableDebugging": false,
      "DebuggingFolder": "C:\\Users\\Public\\Documents\\Automation Anywhere IQBot Platform\\Output\\Engine\\Azure",
      "HttpTimeoutInSec": 300,
      "EnableReprocessLowConfidentSegment": true,
      "EnableAutoCorrectSegmentText": true,
      "EnableResolveOverlappedSegment": true,
      "EnableFieldMerging": true,
      "EnableFieldRegions": true
    }
  3. 管理者として stopanduninstallallservices.bat ファイルを実行します。このファイルのデフォルトの場所は C:\Program Files (x86)\Automation Anywhere IQ Bot <バージョン>\Configurations です。
  4. 管理者として installandstartallservices.bat ファイルを実行します。このファイルのデフォルトの場所は C:\Program Files (x86)\Automation Anywhere IQ Bot <バージョン>\Configurations です。
    ログインするか、IQ Bot Web ページの表示を更新します。
フィードバックを送る