Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ユーザーのデバイス資格情報の設定

  • 更新済み: 2021/10/19
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

ユーザーのデバイス資格情報の設定

デバイスで Bot を実行できるようにするには、ローカル デバイスの資格情報を設定します。

前提条件

Bot エージェント は、Control Room にデバイスを接続することにより、デバイス上で Bot を実行できる軽量アプリケーションです。ローカル マシン上で Bot を実行するには、Bot エージェント をインストールし、有効なホスト デバイスのリストにローカル デバイスを追加します。資格情報を編集する前に、ローカル デバイスを追加します。「Bot エージェント のインストールとデバイスの登録」を参照してください。

Community Edition ユーザーの場合、プロフィールに含まれる資格情報セットは、一度に 1 つのみです。これらの資格情報は、Bot を実行するために選択したデバイスに適用されます。使用する各デバイスがプロフィールの資格情報を受け入れることを確認します。

Automation 360 クラウド ユーザーは、登録済みデバイスに異なる資格情報を適用することができます。

手順

  1. Control Room パネルで、自分のユーザー名をクリックして [マイ設定] を選択します。
  2. [マイ設定] ページで、[デバイス] > [資格情報] セクションに移動し、デバイスの [ユーザー名] と [パスワード] を更新します。
    このデバイスから Bot を実行するには、デバイスのログイン資格情報が必要です。
    注: Bot を実行するまで、Automation 360 はデバイスのログイン資格情報を検証しません。

    ユーザー名がドメインの一部である場合は、domain\username のフォーマットでドメインを含めます。通常、ホーム ユーザーは、特別に設定されていない限り、ドメインの一部ではありません。

  3. 変更を保存します。

次のステップ

初めての Bot を作成する
フィードバックを送る