Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[利用できる会議時間枠を取得] アクションの使用

  • 更新済み: 2020/11/17
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

[利用できる会議時間枠を取得] アクションの使用

[利用できる会議時間枠を取得] アクション を使用して、指定した日時の範囲で出席者が空いている時間帯を取得します。このアクションは、複数のタイムゾーンにわたるスケジュール設定をサポートしています。

この アクション では、出席者の勤務時間内で、出席者がその時間の会議をまだ承諾していない場合、その時間帯は利用可能と見なされます。出席者が招待状を仮承諾した場合、または返信しない場合、この アクション はその時間枠を「空いている」と見なします。

手順

空き時間枠を取得するには、以下の手順を実行します。

  1. [接続] アクション で使用したセッション名を入力します。
  2. 出席者の E メール アドレスをコンマで区切って入力します。
  3. 会議の時間を分単位で入力します。
  4. ドロップダウン リストから日時変数を選択して、範囲の開始日時を指定します。
  5. 開始日時以降の値の日時変数を選択して、範囲の終了日時を指定します。
  6. オプション: [勤務時間外の時間枠も確認する] オプションを選択します。
  7. ドロップダウン リストからテーブル変数を選択します。
  8. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る