Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

安全なプロトコルのサポート

  • 更新済み: 2019/06/17
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace

安全なプロトコルのサポート

Automation Anywhereプラットフォームは、TLS 1.2 や HTTPS データ転送など、安全なプロトコルをサポートします。

  • Control Room からリモート Bot Runner への Bot の導入は、TCP と TLS 1.2 を介して行われます。
  • Bot Creator から Control Room への Bot のアップロードとダウンロードは HTTPS を介して行われます。
  • Control Room からデータベースへの情報の転送およびその逆は、TDS および TLS 1.2 を介して行われます。
  • Control Room から Bot Runner へのエンコードされた資格情報の転送は、HTTPS を介して行われます。
  • Control Room のリアルタイムデータサービスとの WebSocket 通信は、HTTPS を介して行われます。
フィードバックを送る