Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot の同時デプロイおよび実行

  • 更新済み: 2022/03/08
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Bot の同時デプロイおよび実行

同時にデプロイおよび実行できる Bot の最大数のリストです。

概要

次のリストのエンティティ数は、Control Room がサポートできるエンティティの最大数に関する情報を提供します。追加の Control Room またはマシン リソースをデプロイしても、エンティティ数には影響しません。

Control Room は、同時にデプロイおよび実行できる Bot の最大数として、以下のいずれかをサポートします。
  • (通常は本番環境の Control Room における) Bot Runner セッションで同時にデプロイおよび実行可能な Bot 数: 1,000 個
  • (通常は開発環境の Control Room における) Bot Creator セッションで同時にデプロイおよび実行可能な Bot 数: 700 個
エンティティ タイプ カウント
ユーザー 10,000*
ロール 5,000*
スケジュール 1,500
監査エントリ 10,000,000*
ロッカー 100
資格情報 5,000
リポジトリ ファイル

(Control Room の [公開] ワークスペースにあるすべてのファイル形式を含む)

注: リポジトリ ファイルには、[公開] ワークスペースにチェックインした依存ファイル (UI で表示される) と、データベースの関連ファイル (UI で表示されない) が含まれます。たとえば、オートメーションが記録された後に生成された .png ファイルは、データベースに保存され、リポジトリ ファイルに含まれます。
25,000*
リポジトリ フォルダー 9,000*
キュー 10
デバイス プール 10
作業項目 1,000,000

* Automation 360 v.21 以降に適用されます。

同時デプロイおよび実行

Control RoomControl Room クラスター全体で最大 1,000 個の Bot を同時にデプロイおよび実行できます。

Control Room のエディションと構成 [別のユーザーとして実行]を使用してデプロイできる Bot数
オンプレミス の 1 つのインスタンス 最大 1,000
高可用性 (HA) 構成の オンプレミス の 3 つのインスタンス 最大 1,000

Bot のデプロイは、ネットワークの品質と、Control Room から Bot エージェント に転送する必要があるデータのサイズによって異なります。

したがって、上記のシナリオでは、3 つの Control Room インスタンスのネットワーク接続速度が上がると、ネットワークのスループットが向上するため、完了までの時間は短くなりますが、同時にデプロイできる Bot の最大許容数は変わりません。

Bot の並列スケジュール

Bot を繰り返し実行する場合のスケジュール設定に関する考慮事項です。

スケジュールに従って繰り返し実行するように Bot を設定する場合は、実行間隔が Bot のデプロイと実行にかかる合計時間を下回らないようにすることが重要です。そうしないと、Bot の連続した実行が重なり、予期しない動作を起こす可能性があります。

たとえば、Bot の実行に 2 分かかる場合、Bot を 1 分間隔で実行するようなスケジュールを設定しないでください。現在の実行が完了する前に、次の実行が開始されてしまいます。

関連仕様を参照すれば、並列スケジュールを正常に設定できます。

アクティビティ スケジュール データ
並列スケジュール 100
スケジュールあたりに設定可能な [別のユーザーとして実行] のユーザー数 10
同時実行される Bot の合計 1,000
フィードバックを送る