Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Web インターフェース上の AARI の使用

  • 更新済み: 11/01/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • AARI
    • 概要

Web インターフェース上の AARI の使用

Automation Anywhere Robotic Interface (AARI) Web インターフェースは直感的なポータルで、AARI ユーザーがリクエストの作成やタスクの実行、AARI マネージャーがチームの作成やチームのロールとデプロイの管理を行うための専用のワークスペースです。

Web インターフェース上の AARI は、Attended および Unattended bots での魅力的なエクスペリエンスを提供します。ドキュメントとタスクの表示および整理、アクションの実行、bots への作業の引き渡しをこの 1 か所で行うことができます。また、自動化を実現するためのプロセス中心のアプローチも提供します。

機能

Web インターフェース上の AARI は、次のメリットをもたらします。

  • 使いやすいプロセス カタログからのオートメーションの開始。
  • 複数のユーザーと bots にまたがる長時間にわたるワークフローの自動化。
  • bot の例外の処理。
  • ガイド付きのオートメーションによるユーザー トレーニングとエラーの軽減。
  • 人間と bots のマルチタスク。
  • Attended オートメーションの監視と監査。

Web 上の AARI は、複数のユーザーが、中断されることなく、また個人識別情報 (PII) データや機密システムにアクセスすることなく bots とコラボレーションするのに役立ちます。

下図は、フロントオフィス オートメーション機能を示しています。

AARI によるフロントオフィス オートメーションの例

コンポーネント

Web インターフェース上の AARI には、以下のコンポーネントが含まれています。

Bots
bots は特定の反復的なルールベースのタスクを自動化します。
フォーム
フォームにより、人間は、カスタマイズ可能な Web インターフェースを介して bots を呼び出して操作することができます。
プロセス
プロセスは、bots とフォームを互いに接続します。プロセスには、bots とフォームをトリガーし、それらの間のデータの流れを調整するためのロジックが含まれています。
リクエスト
リクエストはプロセスのインスタンスです。プロセスが、bots とフォームの連携方法のテンプレートを定義する場合、リクエストはそのテンプレートの特定のインスタンスです。
タスク
タスクは、プロセス内で実行する必要があるステップです。プロセスには 2 種類のタスクを含めることができます。
  • ヒューマン タスク: 人間が行うタスクで、ヒューマン タスクはフォームです。
  • Bot タスク: bot が実行するタスクです。

下図を参照して、これらのコンポーネント間の関係を理解してください。


コンポーネント間の関係を表している図。

アーキテクチャ

下図は、Web インターフェース上の AARI のアーキテクチャを示しています。

AARI の外部コンポーネント

AARI での情報の流れ

設定方法

以下のワークフローは、Web インターフェース上の AARI を使って、タスクを自動化および管理する方法を示しています。

  1. ロールを設定する
  2. プロセスを設定する
  3. プロセスをデプロイする
Workflow map: AARI Web インターフェースのタスクをインタラクティブな画像形式で表示するには、「Get started with AARI」を参照してください。
フィードバックを送る