Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation Anywhere Control Room にログイン

  • 更新済み: 2021/04/09
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Automation Anywhere Control Room にログイン

Automation 360 にログインするには、ブラウザで Control Room の URL を開き、ログイン画面に資格情報を入力して、[ログイン] をクリックします。

前提条件

登録確認 E メールを受け取ります。

  • Automation 360 ユーザーの場合: これは、システム管理者から送信されます。
  • Community Edition ユーザーの場合:
    1. Community Edition に対して登録します。

      Community Edition の使用を開始

    2. これは、登録時に入力した情報を使って Automation Anywhere によって送信されます。

このE メールには、次の情報があります。

  • Control Room URL
  • ユーザー名、認証情報、プロビジョニング トークン (該当する場合)。
  • 臨時パスワード

    このパスワードは、初めてのログイン時にリセットします。

手順

  1. ブラウザで URLを開きます。
  2. [ログイン] フォームにユーザー名とパスワードを入力します。
    初めてログインする場合は、ようこそメールに記載されているパスワードを使用します。
  3. 初めてのユーザー: パスワードを変更します。Cloud ユーザーの場合は、セキュリティの質問を作成します。
    初めてログインすると、パスワードの変更と秘密の質問フォームが自動的に開きます。フォームに入力します。
    1. [パスワードを変更] フィールドに入力します。
      現在のパスワードを入力し、新しいパスワードを入力して、新しいパスワードを確認します。

      パスワードの長さは 8 ~ 15 文字で、次の文字のみを含めることができます。a ~ z、A ~ Z、0 ~ 9、記号 (@)、ハイフン (-)、下線 (_)、感嘆符 (!)、ハッシュ記号 (#)、ドル記号 ($)、パーセント (%)、アンパサンド (&)、ピリオド (.)。

    2. クラウド ユーザーの場合: 質問フィールドと回答フィールドの各ペアで、パスワードを忘れた場合やログインを確認する必要がある場合に備えて記憶しておく質問と回答を入力します。
    3. [保存してログイン] をクリックします。
    初めてのログイン後にパスワードを変更するには、ユーザー名をクリックし、[パスワードを変更] を選択してフォームに入力します。
  4. オプション: Cloud Control Room にすばやくログインするには、[ユーザー名を記憶する] を選択します。
  5. オプション: パスワードをリセットするには、[パスワードを忘れた場合] をクリックします。
    アカウント パスワードのリセットに必要なページへのリンクが記載された E メールが送信されます。
  6. [ログイン] をクリックします。
    資格情報が Cloud Control Room または Community Control Room データベースと直接照合されて認証されます。
    注: [Windows でログイン] オプションを選択して Enterprise Control Room にアクセスする場合、正常にログインするには FQDN を入力する必要があります。
    注: 管理者が設定したパスワード ポリシーによっては、間違ったパスワードを一定回数入力するとアカウントがロックされます。セキュリティ上の理由により、失敗したログイン試行回数は監査されます。これによって管理者は分析し、適切なアクションを実行します。
フィードバックを送る