Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 v.23 Community Edition リリース ノート

  • 更新済み: 12/06/2021
    • Automation 360 v.x
    • 最新情報
    • RPA Workspace
    • リリース ノート

Automation 360 v.23 Community Edition リリース ノート

リリース日: 2021 年 12 月 02 日

Automation 360 v.23 (Build 11429) リリースの Community Edition で最新情報をご確認ください。

RPA Workspace

Bot agent update: このリリースには、Bot agent に必要な更新が含まれています。前のリリースからこのリリースへアップグレードする際、オートメーション アクティビティを続行するために必ず更新を完了させてください。

Bot agent を自動更新 | 手動での Bot agentの更新

この Automation 360 リリースと互換性のある Bot agent バージョンを確認するには、Automation 360 構築との互換性 を参照してください。

最新情報
Control RoomBot agent をサポートしている Microsoft Edge (Chromium)

Chromium ブラウザ ベースの Microsoft Edge を使用して、Control Room のオペレーションを行い、Bot agent デバイスをインストールして登録できるようになりました。

RPA Workspace のブラウザ要件

Internet Explorer 互換性モードでの Microsoft Edge Chromium 自動化のサポート (Service Cloud ケース ID: 00767502、00787186)

HTML テクノロジーを使ってオブジェクトがキャプチャされている Universal Recorder を使用して、Internet Explorer 互換性モードを有効にすることで、Microsoft Edge Chromium で動作する Web アプリケーションを自動化できるようになりました。

Google Chrome および Microsoft Edge の Chromium ブラウザにおけるクロス ドメイン、シングル ネストの IFrame のサポート

[レコーダー] > [キャプチャ] または [記録を開始] のオプションを使用して、Google ChromeMicrosoft Edge の Chromium ブラウザで、クロス ドメイン、シングル ネストの IFrame 内のオブジェクトをキャプチャして自動化できるようになりました。クロス ドメイン IFrame 内のオブジェクトをキャプチャした後、フレームへのパスが [FrameDOMXPath] プロパティにデフォルトで格納されます。

新しい [FrameDOMXPath] プロパティは、オブジェクトが配置されているフレームへのパスを識別します。クロス ドメインの IFrame 上のオブジェクトをキャプチャするために bot を正常に実行するには、このプロパティを選択する必要があります。

AISense Recorder の [アンカーをキャプチャ] のサポート

AISense Recorder は、[アンカーをキャプチャ] オプションに対応するようになりました。アンカーが頻繁に変更されるアプリケーションでオブジェクトを検索するために bot を実行する際は、[アンカーをキャプチャ] を使用してデフォルトのアンカーを上書きし、手動でアンカーを選択してオブジェクトを検出することができます。

Recorder package でオブジェクト プロパティを選択する際のサポートの強化

[レコーダー] > [キャプチャ] action を使用してオブジェクトをキャプチャした後、[プロパティを取得] action を使用してオブジェクト プロパティの値を取得するために、利用可能なプロパティのリストから特定のオブジェクト プロパティ名を選択することができるようになりました。このリストには、[オブジェクト プロパティ] テーブルの検索条件から提案されたプロパティ名が含まれています。

Google Drive package の [アクセス許可を確認] action でサポートされるファイル ID (Service Cloud ケース ID: 00777716)

Google Drive package の [アクセス許可を確認] action は、[ファイル ID] オプションをサポートし、Google Drive の Shared with me カテゴリー フォルダーにあるファイルを参照できるようになりました。ファイル ID を提供することで、Google Drive ファイルの Shared with me カテゴリー フォルダーでお客様に許可された [読み取り]、[書き込み]、[削除] のアクセスを確認できるようになりました。

[Google ドライブ] パッケージ

新しい資格情報 package

資格情報 package で [代入] action を使用して、安全でない文字列や変数を資格情報変数に直接代入できるようになりました。

資格情報 package

SOAP Web Service package でサポートされる Web サービスのセキュリティ (Service Cloud ケース ID: 00481836)

Bot Creator として、[SOAP Web サービス] action の生データで資格情報変数を提供できるようになりました。資格情報変数を作成し、資格情報マッパーで資格情報を参照名にマッピングし、生データで参照名を使用することができるようになりました。この方法によってすべてのセキュリティ関連データを確実に Credential Vault で定義し、資格情報を bots で使用することができるので、セキュリティを損なうことなく安全にタスクをデプロイすることができます。

[SOAP Web サービス] アクションの使用例

SOAP Web Service package の新しいオプション

SOAP Web Service package の [Build Xpath] オプションを使用して、SOAP レスポンスから値を抽出します。これで、Xpath 式を指定するか、レスポンス本文から適切なノードを選択して、出力を変数に格納することができるようになりました。

Microsoft Outlook での共有 E メール ボックスからの E メールの読み取り (Service Cloud ケース ID: 00728579、00831622)

E メール関連タスクを自動化するために、Microsoft Outlook の共有アカウントを選択して、E メールのメッセージを共有 E メール ボックスから読み取れるようになりました。

Data Table package の [ファイルへの書き込み] action でサポートされる新しいエンコード タイプ (Service Cloud ケース ID: 00767158)
[ファイルへの書き込み] action を使用してデータをテーブル型変数から CSV ファイルや TXT ファイルに書き込む際に、エンコード リストから以下のエンコード タイプを使用できるようになりました。
  • UTF-8: BOM なしの UTF-8 として動作
  • BOM 付き UTF-8 (以前は UTF-8 と呼ばれていました)
  • UTF-16LE
  • Shift-JIS (日本語エンコード)
Bot editor の自動保存機能
Bot editor では、actions を使用してオートメーションを構築する際、bot を手動で保存しなくても自動保存が実行され、bot によって特定のイベントに対する変更が自動的に保存されるようになりました。
注: 自動保存機能は現在、特定のイベントでのみ利用可能です。
自動保存機能に対応しているイベントは次のとおりです。
  • レコーダー: 特定の actionsbot を作成して [レコーダー] をクリックすると、イベントは保存され、録画が完了すると、イベントは自動的に保存されます。
  • 変数マネージャー: 変数を作成または編集して action に挿入すると、その変更は保存されます。
    注: 変数を削除するか、F2 を押して変数リストから変数を挿入した場合、自動保存機能はサポートされません。
  • アクション メニュー (縦の 3 点リーダー): このメニューから [パッケージ] などの action を選択すると、そのイベントは自動的に保存されます。[パッケージ] ページを変更して Bot editor に戻ると、そのイベントは保存されます。
  • ファイルの検索: [ファイルを検索] アイコンをクリックすると、bot は、手動で保存されていない場合に保存されます。[追加] オプションをクリックした後にも、bot は自動的に保存されます。
  • ダイアログ ボックス: ダイアログ ボックスを開くと、そのダイアログ ボックスは、変更が行われた場合には自動的に保存されます。
    注: 自動保存は、トップレベルのダイアログ ボックスに対してのみ行われ、ネストしたダイアログ ボックスに対しては行われません。
  • 変数の削除: 未使用の変数を削除すると、そのイベントは保存されます。
  • Bot 名の変更: bot の名前を編集すると、そのイベントは保存されます。
FTP / SFTP package の新しいオプション (Service Cloud ケース ID: 00792346)

[セキュア FTP] サーバー タイプで接続してタスクを自動化するときに、[資格情報] オプションを使用します。ユーザー名とパスワードが認証に使用できるようになりました。

FTP/SFTP での [接続] action の使用

AISense Recorder の機能強化

AISense Recorder では、ブラジルのポルトガル語を使用するアプリケーションと、ブラジルのポルトガル語と英語のインターフェースを組み合わせて使用するアプリケーションのオートメーションに対応するようになりました。

リモート アプリケーションからタスクを記録する AISense

数値 package の強化
  • 数値 package の [ランダム] action で、出力で生成される乱数に必要な小数点以下の桁数を指定および制限できるようになりました。
  • 既存の [結果を数字変数に保存します] フィールドは、[結果を変数に保存] という名前に変更されました。

Number package

待機 package の強化
待機 package の [スクリーンの変化を待つ] action の新しい [領域をキャプチャ] 機能を使用して、アプリケーション上の特定の領域を長方形で囲んでキャプチャすると bot はこの領域の座標を自動的にキャプチャします。次のアクションを実行できます。
  • Windows アプリケーション上の特定の領域をキャプチャします。
  • プレビュー ウィンドウでキャプチャした画像をプレビューします。
  • プレビュー ウィンドウの画像がユーザーの要件に合っていない場合、領域を再キャプチャします。
座標の名前は以下のように変更されています。
  • [] → [X]
  • [] → [Y]
  • [] → []
  • [] → [高さ]
文字列 package の強化

文字列 package の [テキストを抽出] action で、指定した元の文字列から、1 つのファイル内で 1,000 回以上、最大で 999,999 回まで出現する部分文字列を抽出できるようになりました。

If package の場合のファイル条件の強化

[If] package で [条件] リストから新しい [ファイル拡張子] 条件を使用して、ファイルの拡張子をチェックし、その結果に基づいて actions を実行できるようになりました。

Excel advanced package の機能強化 (Service Cloud ケース ID: 00799071)

Excel advanced package の [開く] action を使用し、.ods.htm.html.mht.mhtml.slk、および .pdf の拡張子のファイルを開きます。

Excel advanced に基づくループ反復子のグローバル セッション サポート

Excel advanced ワークシートで各行をループする際に、[グローバル セッション] オプションを使用することができるようになりました。[グローバル セッション] オプションを使用して、Microsoft Excel セッションを複数の bots で共有して、同じ Excel ワークシートを複数の bots で使用することができます。

デバイス向けの新しい API
v1/Devices セクションに導入された新しい API を使って、デフォルトのデバイスを割り当てられるようになりました。以下の API をそれぞれ使用して、特定のユーザーのデフォルトのデプロイ デバイスとして特定のデバイスを設定するか設定しないかを選択します。
  • /runasusers/default
  • /runasusers/default/unset

Automation Anywhere Robotic Interface (AARI)

最新情報
リクエストのクエリおよびタスクのクエリ アクションでの新しいクエリ フィルタ

[AARI Web] package の [リクエストをクエリ] および [タスクをクエリ] actions で利用できる新しいフィルタを使用して、AARI Web インターフェースのチーム名でリクエストのクエリとタスクのクエリをフィルタリングできるようになりました。

チーム名フィルタ

タスクやリクエストは、Web インターフェースの [タスク] ページと [リクエスト] ページで、チーム名によってそれぞれ絞り込むことができます。フィルタから [チーム] のラベルを選択し、チーム名で検索してタスクやリクエストに割り当てられているチームを表示します。

監査ログのサポート (Service Cloud ケース ID: 00801166)

監査ログを表示して、作成、削除、更新、送信、復旧したリクエスト、チーム、スケジューラー、プロセス設定、Bot 設定、ヒューマン タスク、Bot タスクに関するイベントを参照できるようになりました。

ヒューマン タスクにおけるユーザーのタスク割り当ての強化
プロセス エディターでは、[ヒューマン タスク] の [このタスクを自動的に割り当てる] オプションには、次のような選択肢があります。
  • リクエストを作成したユーザー: このタスクは、Web インターフェースでリクエストを作成するユーザーに自動的に割り当てられます。
  • このタスクを開くユーザー: このタスクは、Web インターフェースでタスクを開くユーザーに自動的に割り当てられます。
この機能は、タスクを開くアクションがタスクを自分に割り当てることと同じ Validator のような特殊なユーザーの場合は特に、自分にタスクを割り当てる際の競合を減らすのに役立ちます。
チーム設定の機能強化
同じような役割 (カスタム ロール) を持つ複数のユーザーを、Web インターフェースで同時に AARI チームに追加できるようになりました。Control Room のカスタム ロールは、AARI Web インターフェースのチームと一致し、強化されたチーム設定は以下のように機能するようになりました。
  • ロールで追加されたユーザーは、チームの [メンバー] ロールが割り当てられます。ロールは、[所有者] または [管理者] に変更することはできません。
  • これらのユーザーを、[チーム] ページの [ユーザー] タブに表示することはできません。
  • ユーザーがロールの一部であると同時にチームに手動で追加された場合、チームでのロールは、手動で割り当てられたロールと同じになります。たとえば、ユーザーがメンバーである場合、そのユーザーは引き続き [メンバー] ロールを持ち続け、ユーザーが所有者の場合は [所有者] ロールが割り当てられます。
  • ユーザーがロールに属さなくなった場合、そのユーザーはチームにも属さなくなります。

また、その [チーム] ページは、上部にナビゲーション オプションが追加され、さまざまなタブ ([一般]、[ユーザー]、[ロール]、[プロセス]、[Bot]) をナビゲートできるようになりました。[一般] タブ、[ユーザー] タブ、[ロール] タブを使用してチームを作成し、そのチームにユーザーを追加します。[プロセス] タブと [Bot] タブにはそれぞれチームに割り当てられたプロセスと bots が表示されます。

Bot 設定のサポート

AARI 管理者は [Bot 設定] ページを使用して、チームに割り当てられている bots を表示したり、チームを bot に割り当てたり、bots を編集して、チームの削除や再割り当てを行ったりできます。公開ワークスペースにチェックイン済みのすべての bots を表示することができる Attended Bot Runners は、AARI Assistant でチームに割り当てられている bots を表示できるようになりました。

フォーム ロゴの機能強化

[フッターのロゴ] フィールドを使用して、bot の実行時にフォームのフッターに表示されるロゴを 2 つまで選択できるようになりました。

さまざまなフォーム要素へのルールの追加
フォーム ビルダーでフォームを作成または編集しているときに、[フォームのルール] タブを使用して、以下のフォーム要素にルールを追加できるようになりました。
  • チェックボックス
  • 日付
  • ドキュメント
  • ドロップダウン
  • ラベル
  • 数字
  • パスワード
  • ラジオボタン
  • リッチ テキスト エディター
  • テキスト領域
  • テキストボックス
  • 時間

[チェックボックス] 要素と [ラジオボタン] 要素では、対応する事前設定が選択済みの場合にのみ、ルールがトリガーされます。たとえば、フォームに [はい] と [いいえ] のような 2 つの相互に排他的な選択肢がある場合、これらのオプションに関連するルールは、2 つのオプションのうちの 1 つを選択したときにのみトリガーされます。

フォーム要素へのルールの追加

トリガーの更新

bot の実行には以下のトリガーが利用可能です。

  • プロセス トリガー: Microsoft Windows で指定されたプロセスの状態が、以下の事前設定条件のいずれかを満たしたときに bot を開始します。
    • 開始
    • 停止

    プロセス トリガーの追加

  • サービス トリガー: Microsoft Windows で指定されたサービスの状態が、以下の事前設定条件のいずれかを満たしたときに bot を開始します。
    • 開始
    • 停止
    • 再開
    • 一時停止
    • 実行中
    • 停止済み
    • 一時停止中

    サービス トリガーの追加

  • ウィンドウ トリガー指定されたアプリケーション ウィンドウが、以下の事前設定条件のいずれかを満たしたときに bot を開始します。
    • 開く
    • 閉じる

    ウィンドウ トリガーの追加

Discovery Bot

最新情報
シームレスに Bot agent をインストール

Bot agent をまだインストールしていない場合は、[プロセス] タブで Bot agent をインストールするよう求められます。画面の指示に従って、Bot agent をインストールしてください。インストール後、記録タスクを進めるために Chrome プラグインを有効にするよう求められます。

自動生成オポチュニティの強化

少なくとも 1 つのプロセス記録が確認用に送信されると、自動生成されたオポチュニティの確認を、[オポチュニティ] タブから開始できるようになりました。自動生成されたオポチュニティを確認し、必要に応じて、自動生成されたオポチュニティからカスタム オポチュニティを作成することを選択します。

カスタム オポチュニティ確認用の新しい記録

Discovery Bot ユーザーがカスタム オポチュニティ用に送信した新しい記録を確認できるようになりました。カスタム オポチュニティのワーク フローの一環として、記録の更新を受け入れるか否かを選択できます。このオプションでは、ユーザーがそのプロセスのために記録を送信する際に、新しい記録をリアルタイムですばやく簡単に確認することができます。

[オポチュニティ] ページの強化

[オポチュニティ] ページが更新され、他のグラフとともにオポチュニティ エボリューション マップが表示されるようになったため、今後オートメーションのオポチュニティになりそうなデータを確認および分析するのに役立ちます。オポチュニティ エボリューション マップは、どのオポチュニティを最初に自動化すべきかを判断するのに役立ちます。

[記録] ページからの PDD ドキュメントのダウンロード

[記録] ページから PDD ドキュメントをダウンロードしてエクスポートできるようになりました。アナリストが確認するために記録を送信した後、PDD は自動的にバックグラウンドで処理を開始します。PDD が生成されると、フィールドが [PDD の処理] から [ダウンロード] に変わります。これで、ドキュメントを Word 形式、PDF、またはその両方でダウンロードすることができます。ビジネス ユーザーへの E メール通知もファイルの E メール アドレスに送信されます。また、[PDD を Word または PDF でダウンロード] は、[オポチュニティ] リストのテーブルからカスタム オポチュニティに利用することもできます。

制限事項
Community Edition および無料体験版では、ユーザーが 5 つのプロセスを作成して削除すると、6 つ目のプロセスの記録を送信する際に、自動生成されたオポチュニティが失敗します。

回避策: Community Edition および無料体験のユーザーを新規作成して、新しいプロセスとオポチュニティを作成します。

IQ Bot

最新情報
Community Edition でリリースされた IQ Bot Extraction360 (Preview)

Community Edition は、IQ Bot Extraction360 (Preview) バージョンから限定機能を提供するようになりました。このバージョンは、Community Control Room と統合されています。ラーニングインスタンスを作成すると、IQ Bot はデータを抽出してダウンロードするための RPA bots とエンドツーエンドのプロセスを管理するための AARI プロセスを自動的に作成します。検証が AARI タスクで行われるようになりました。

IQ Bot Community Edition を使用して、英語の請求書からデータを抽出することができます。