Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ダッシュボードの確認

  • 更新済み: 2022/02/17
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

ダッシュボードの確認

ダッシュボードはパフォーマンスレポートを要約し、ドキュメントの処理情報をグラフィック形式で提供します。

レポートは、IQ Bot にログインした時に表示されます。表示された情報には、ドキュメント分類、ストレート スルー プロセッシング (STP)、精度、特定のラーニングインスタンスのアクションに関する情報の人間による検証が含まれ、注意が必要なエリアに集中することができます。

IQ Bot ダッシュボードは、主に以下の 2 つの分野に分けられます。
  • 合計
  • ラーニングインスタンス

[合計] 領域

[合計] はダッシュボードの表示領域で、本番環境における、すべてのラーニングインスタンスのステータスの全体概要を素早く提供します。

[合計] 領域には、以下の情報が表示されます。
  • 処理されたドキュメント: 本番環境で処理されたファイルの合計数。
    注: ファイルが破損していて開くことができない場合、そのファイルはこの数に含まれません。
  • 購入済みページ: 現在のライセンス期間に購入されたページ数です。

    たとえば、2020 年 12 月 31 日までに 4,000 ページを購入し、2021 年 1 月 1 日から 2021 年 2 月 28 日までにさらに 20,000 ページを購入した場合、購入ページ数の指標は 24,000 ページではなく 20,000 ページのカウントを示します。これは、4,000 ページがライセンスの有効期間前に購入されたためです。

    注: この指標は、AAE_IQ Bot Admin ロール、または [アドミニストレーションを表示] 権限のあるカスタム ロールを持つユーザーにのみ表示されます。
  • アップロードされたページ: 現在のライセンス期間中に本番環境のラーニングインスタンスにアップロードされたページ数。ライセンスが更新されると、この値はゼロに戻ります。

    この指標は、1 つのドキュメントに複数のページが含まれることがあるため、処理されたドキュメントの指標とは異なります。また、この指標には、アップロードされたものの処理が完了していないページも含まれています。

    注: Automation 360 v.23 以前のリリースでは、この指標は IQ Bot をインストールした時点から、本番環境のラーニングインスタンスにアップロードされたページ数が反映されていました。
  • ストレート スルー プロセッシング (STP): 手動介入なしで正常に処理されたアップロード済みファイルの合計数の割合です。

  • 精度: フィールド精度で、これは正確に識別されたフィールドのパーセント値です。これには光学式文字認識 (OCR) の信頼レベルが、設定済みの信頼度しきい値を超えるフィールドが含まれます。

ラーニングインスタンスの領域

ステージングおよび本番環境にある、作成済みのラーニングインスタンスの詳細を表示します。

ステージング環境にあるラーニングインスタンスの情報を表示します。
  • ラーニングインスタンスの名前です。
  • ドキュメントのドメインまたはタイプです。たとえば、請求書や領収書などがあります。
  • ラーニングインスタンスにあるドキュメント数です。
  • トレーニング済みのドキュメントの詳細がパーセンテージで示されたグラフィカル表示です。
本番環境にあるラーニングインスタンスの情報を表示します。
  • 処理済みのファイル数です。
  • ストレート スルー プロセッシング (STP)、すなわち手動介入なしで正常に処理されたファイルの割合です。
  • パーセンテージで示されたフィールドの精度です。
重要: ダッシュボードおよびラーニングインスタンスの概要ページに表示されるドキュメントの数が、処理のために送信されたドキュメントの数と一致しない場合があります。これは、本番環境にないグループにドキュメントが分類された場合に発生します。このカテゴリーのドキュメントは (設計によって) 処理されないので、処理済みドキュメントの数とドキュメントの合計数の間に不一致が発生します。そのような場合、これらのグループが本番環境に移動するとドキュメントの合計数が一致します。
フィードバックを送る