Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[読み取り] アクション の使用

  • 更新済み: 2021/08/11
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

[読み取り] アクション の使用

[読み取り] アクション を使用して、データベースからレコードを取得し、取得したデータを CSV ファイルに保存します。この アクション では、データベースから 100 万件のレコードまで取得することができます。

手順

レコード セットの選択と保存のタスクを自動化するには、次の手順に従います。

  1. [接続] アクション に、データベース サーバーへの接続に使用したセッションの名前を入力します。
    [接続] アクションを使用したときに、すでに詳細をセッション名に関連付けているため、ここではデータベース サーバーの詳細を入力する必要はありません。
  2. SELECT ステートメントを入力して、列名およびテーブル名を指定します。
    このフィールドは SQL 構文をサポートしています。たとえば、SELECT CustomerName,City FROM Customers です。
    注: CTE (共通テーブル式) は、Oracle や MySQL などの SQL 準拠データベースで WITH キーワードを使用することでサポートされます。例:
    WITH customers_in_usa AS (SELECT CustomerName, state FROM customers WHERE country = 'USA') 
    SELECT cName FROM customers_in_usa WHERE state = 'LA' ORDER BY CustomerName
    
  3. 取得するレコードの最大数を入力します。
  4. オプション: タイムアウト値を入力します。
    指定された時間が経過すると、実行が完了していなくてもステートメントの実行は停止します。
  5. [CSV にデータをエクスポート] オプションを選択し、取得したデータを保存します。
    1. [Bot] フォルダー、ローカル デバイス、または既存のファイル変数からファイル パスを選択します。
    2. CSV ファイル エンコーディングとして、ANSIUNICODE、または UTF8 のいずれかを選択します。
    3. CSV ファイルを列ヘッダー付きでエクスポートするか、列ヘッダーなしでエクスポートするかを選択します。
      列ヘッダー付き
      CustomerName 市町村
      Manny Pittsburgh
      Kate Los Angeles
      John Boston
      列ヘッダーなし
      Manny Pittsburgh
      Kate Los Angeles
      John Boston
    4. 同じ名前の CSV ファイルが存在する場合は、ファイルを上書きするか、既存のファイルにデータを追加するかを指定します。
  6. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る