Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot Store から Control Room までの Bot と パッケージ をローカルにダウンロードし、インポートする

  • 更新済み: 2021/12/02
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

Bot Store から Control Room までの Botパッケージ をローカルにダウンロードし、インポートする

Control Room が、インターネットに接続していなくても、ローカルに Bot Store から項目をダウンロードして、Control Room にインポートすることができます。

前提条件

Control Room リポジトリに Bot または パッケージ をダウンロードするには、システムが作成した [AAE_Bot 開発者] ロールが必要です。「システム ロール」を参照してください。

手順

  1. Bot Store サイトへ移動します。
  2. A-People の資格情報でログインして、Bot Store からダウンロードできます。
  3. Bot または パッケージ を選択します。
    Bot を選択すると、Bot の詳細ページに移動します。
  4. [Bot を取得] ボタンをクリックします。
    確認ウィンドウが表示され、リクエストを確認することができます。
  5. [OK、Bot の取得] をクリックして、リクエストを確認します。
    [Control Room に追加]、または [ZIP ファイルとしてダウンロード] のオプションから選択することができます。
    • [Control Room に追加] オプションでは、Control Room URL を指定する必要があります。
    • [ZIP ファイルとしてダウンロード] オプションでは、Bot をデバイスのローカルに保存し、ダウンロードを開始する場所のパスを確認する必要があります。
  6. [ZIP ファイルとしてダウンロードする] オプションを選択します。
    Bot をデバイスのローカルに保存し、ロケーション パスを確認すると、ダウンロードが始まります。
  7. Control Room にログインします。
  8. [オートメーション] ページに移動します。
  9. [Bot をインポート] をクリックします。
  10. [参照] をクリックします。
  11. 保存した場所のパスで、ダウンロードした ZIP ファイルを選択します。
  12. Bot に [公開] または [非公開] タブでオプションを指定します。
  13. [インポート] をクリックして、ダウンロードした Bot をインポートします。
  14. 指定した [公開] または [非公開] タブに移動します。
  15. [Bot Store] フォルダーを開きます。
  16. Bot にアクセスします。
    Bot Store から Bot を使用して、オートメーション体験を開始できます。
    Bot Store パッケージを使用するには、編集したい Bot を開き、アクション パネルから パッケージ にアクセスします。
    注: Bot Store へのプロキシ アクセスを希望するユーザーには、回避策についてこのナレッジベースの記事を参照してください。
フィードバックを送る