Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[データ テーブルにエクスポート] アクション の使用

  • 更新済み: 2022/05/30
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

[データ テーブルにエクスポート] アクション の使用

[データ テーブルにエクスポート] アクション を使用して、データベースからレコードを取得し、取得したデータをテーブル変数に格納します。

手順

レコード セットの選択と保存のタスクを自動化するには、次の手順に従います。

  1. [接続] アクション に、データベース サーバーへの接続に使用したセッションの名前を入力します。
    [接続] アクションを使用したときに、すでに詳細をセッション名に関連付けているため、ここではデータベース サーバーの詳細を入力する必要はありません。
  2. SELECT ステートメントを入力して、列名およびテーブル名を指定します。
    このフィールドは SQL 構文をサポートしています。たとえば、SELECT CustomerName,City FROM Customers です。
    注: CTE (共通テーブル式) は、SQL 準拠データベースで WITH キーワードを使用することでサポートされます。たとえば、WITH customers_in_usa AS (SELECT CustomerName, state FROM customers WHERE country = 'USA') SELECT cName FROM customers_in_usa WHERE state = 'LA' ORDER BY CustomerName です。
  3. 取得するレコードの最大数を入力します。
  4. オプション: タイムアウト値を入力します。
    指定された時間が経過すると、実行が完了していなくてもステートメントの実行は停止します。
  5. [次に代入] オプションで、取得したデータを格納するテーブル変数を選択します。
  6. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る