Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

前処理エラー メッセージ

  • 更新済み: 2022/05/18
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

前処理エラー メッセージ

前処理エラーが発生した場合は、原因を確認し、必要なアクションを実行してエラーを解決します。

注:
  • Automation 360 v.23 以降では、Bot を実行した際にエラーが発生した場合、事前処理エラーまたは実行時エラーが表示されます。子 Bot の事前処理は順序どおりに行われない点に注意してください。これらの Bot は親 Bot で参照され、複雑なネストしたワークフローに入ることがあるためです。そのため、これらの子 Bot では、任意の順序でエラーが表示される可能性があります。親 Bot は、子 Bot のエラーがすべて解決されるまで先に進めません。
  • 以下のシナリオは、Automation 360 v.21 またはそれ以前のリリースにのみ適用されます。v.22 の場合、キャッチ アクション シナリオのみ適用されるため、考えられる原因を確認してください。
原因: 必要なアクション
不一致が発生したため、予想される変数データ型が見つかりませんでした。 インライン式または別のアクションを使用して、正しい変数データ型に変換します。

変数の概要

"$" は変数として読み取られていますが、そのような変数は存在しません。 "$$" を使用してドル記号をエスケープして、もう一度お試しください。
Bot は別の Bot を呼び出していますが、指定された場所に子 Bot が見つかりませんでした。 パスをチェックして、もう一度お試しください。
試行アクションに含まれていないキャッチ アクションが見つかりました。 各キャッチ アクションが試行アクションに含まれていることを確認してください。
キャッチ アクションが含まれていない試行アクションが見つかりました。各試行アクションには、少なくとも 1 つのキャッチ アクションが含まれている必要があります。 各試行アクションにキャッチ アクションが含まれていることを確認してください。

次のページも参照してください: Pre-processing error while migrating bot from lower to higher version (A-People login required)

フィードバックを送る