Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot エージェント の操作

  • 更新済み: 2022/02/10
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace
    • プロセス フロー

Bot エージェント の操作

ユーザーは、Bot エージェント をデバイスにインストールした後で、アクセス権限に基づいてタスクを実行できます。

Bot エージェント のインストールと更新

Bot エージェント のインストールおよび更新には、以下のタスクを行う必要があります。

  1. Bot エージェント アプリケーションを初めて使用する場合、Bot エージェント をインストールするための前提条件がすべて揃っていることを確認します。

    Bot エージェント の互換性

  2. Bot エージェント をデバイスにインストールします。

    デバイスの登録と Bot エージェント のインストール | デバイスへの Bot エージェントの一括インストール

    認証プロキシを使用して Bot エージェント をデバイスに接続し、Bot をデバイスにデプロイできるように、変更されたプロキシ設定または資格情報が更新されていることを確認します。

    Bot エージェント とプロキシの設定されているデバイスの接続

  3. デバイスの資格情報を設定して、Control RoomBot デバイスにデプロイできるようにします。

    ユーザーのデバイス資格情報の設定

  4. オートメーションの要件に基づいて、別の Control Room に切り替えます。

    別の Control Room への Bot エージェント の切り替え

  5. 更新が利用可能になると、Bot エージェント を最新バージョンに更新できます。

    Bot エージェント の設定に応じて、Bot エージェント を自動的に更新するか、手動で更新することができます。

    Bot エージェント を自動更新 | 手動での Bot エージェント の更新

  6. Control Room > [デバイス] ページで、Bot エージェント のバージョンとデバイスの接続を確認します。

    デバイス

関連タスク

ユーザーは以下のタスクも実行できます。
Resources: Bot エージェント の詳細については、次のトレーニング コースを参照してください。Automation