Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Cloud Control Room インスタンスのプロビジョニング

  • 更新済み: 2022/08/10
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Cloud Control Room インスタンスのプロビジョニング

購入したすべての Cloud Control Room インスタンスにアクセスし、表示、プロビジョニング、編集することができます。必要に応じて、後で IQ Bot サービスを購入し、プロビジョニングすることも可能です。

ライセンスおよびクラウド サービス ポータルを使用して、Cloud Control Room および クラウド サンドボックス Control Room インスタンスをオンデマンドでプロビジョニングします。クラウド有効化済み Control Room インスタンスは、ポータルによって自動的にプロビジョニングされます。

お客様はご自身の Cloud Control Room インスタンスをプロビジョニングすることができます。また、パートナー ユーザーは、自分自身とお客様のために Cloud Control Room のプロビジョニングを行うことができます。

手順

  1. ログイン資格情報を使用して、A-People にログインします。A-People home page (login required)
  2. [ライセンスおよびクラウド サービス] タブをクリックします。
  3. 左側のナビゲーション ペインで、[Cloud Control Rooms インスタンス] タブをクリックし、さまざまなタイプの Cloud Control Room インスタンスのプロビジョニング済みおよび未プロビジョニングの Cloud Control Room インスタンスのリストを表示します。
    インベントリ表示には、ドメイン名、Control Room URL、Control Room がホストされている領域などのプロビジョニングされている Cloud Control Room インスタンスに関するさまざまなパラメーターが表示されます。status.automationanywhere.digital のメンテナンス通知に登録するには、領域名を使用します。
  4. [Control Room 名] フィールドに名前を入力します。
  5. [Cloud Control Room ドメイン名] フィールドに、ドメイン名を入力します。
    ドメイン名には、Cloud Control Room URL の一部になる一意の名前を指定する必要があります。ポータルは、システム全体でドメイン名が一意かどうかをチェックし、検証します。
    ドメイン名について、次のような例を考えてください。
    • Cloud Control Room の URL の例: https://<ドメイン名>.my.automationanywhere.digital
    • Cloud サンドボックス Control Room の URL の例: https://<ドメイン名>.cloud#.automationanywhere.digital
    注: プロビジョニングが行われた後に、Cloud Control Room のドメイン名を変更することはできません。
  6. [環境] オプションを選択します。
    オプションは、[本番環境]、[開発]、および [UAT] です。デフォルトでは、サンドボックス Control Room の場合、サンドボックスのオプションのみがここに表示されます。
  7. この Control Room にアクセスするほとんどのユーザーがいる [] を選択します。
    選択した国に基づいて、Cloud Control Room は、最も近い地域からホスティングされます。
    注: プロビジョニングが行われた後に Cloud Control Room の [] を変更することはできません。
  8. [地域] を選択します。
    注: プロビジョニングが行われた後に Cloud Control Room の [地域] を変更することはできません。
  9. Cloud Control Room 管理者を選択および指定します。
    既存のお客様の連絡先から選択することも、作成することもできます。ユーザーを作成する場合は、姓名、E メール アドレスなどの詳細を入力します。
  10. オプション: アカウントに IQ Bot サービスの権限がある場合は、チェックボックスを選択することで、IQ Bot に登録できます。
  11. [保存] をクリックして、Cloud Control Room インスタンスのプロビジョニングをします。
Cloud Control Room インスタンスが自動的にプロビジョニングされ、Control Room ステータスがプロビジョニングからプロビジョニング進行中に変わります。プロビジョニングが完了するまでには、ある程度、時間がかかります。プロビジョニングが完了すると、ステータスがプロビジョニング完了に変わります。
フィードバックを送る