Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room にデモ パッケージを追加

  • 更新済み: 2022/06/20
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

Control Room にデモ パッケージを追加

[パッケージをアップロード] する権限を持つユーザーは、すべての Bot Creator が使用できるようにパッケージを Control Room に追加できます。

前提条件

パッケージをアップロードする前に、パッケージを追加する Control Room の [パッケージをアップロード] する権限を持つ有効なユーザー ログイン資格情報が必要です。

手順

Bot Store 以外のソースからパッケージを追加するには、次の手順を実行します。

  1. [マネージ] > [パッケージ] の順に移動します。
  2. [パッケージを追加] をクリックします。
  3. [参照] をクリックします。
  4. パッケージ を見つけて選択し、Control Room に追加します。
    パッケージ は、Bot を作成するための アクション を含む Java アーカイブ (JAR) ファイルです。
  5. [パッケージをアップロード] をクリックします。
  6. [Bots] > [パッケージ] > [パッケージを確認] ページで、次のいずれかのオプションを選択します。
    • [承諾、有効、デフォルトとして設定]: 選択した パッケージ をアップロードして有効にし、Control Room のデフォルト パッケージ に設定します。
    • [承諾して有効化]: パッケージ をアップロードして有効にしますが、パッケージ はデフォルト パッケージ として設定されていません。Bot Creator は、Bot の作成に使用するには、デフォルト以外 パッケージ を具体的に選択する必要があります。
    [拒否] を選択すると、アップロードプロセスが停止します。

Bot Store からパッケージを追加するには、次のビデオを参照してください。

  1. インストール後、[管理] > [パッケージ] をクリックして、パッケージ が追加されていることを確認します。

次のステップ

デモ パッケージを正常にアップロードした後で、作成したばかりの アクション をテストするために Bot を作成します。Bot を作成する方法に関する詳細は、「デモ パッケージを使用して、デモ Bot を作成 」お読みください
フィードバックを送る