Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot agent 診断チェックの実行

  • 更新済み: 2022/03/10
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace

Bot agent 診断チェックの実行

Bot Runner デバイスと Control Room の間の接続に関する問題に対しては、Bot agent 診断ユーティリティを使用します。このユーティリティは、問題を解決するための解決策や提案を提供することで、問題の診断を支援します。

前提条件

Bot agent がユーザー デバイスにインストールされていることを確認します。

手順

  1. Windows コマンド プロンプトを開きます。
  2. Bot agent のインストール パスに移動します。
    • システム レベルでインストールされている Bot agent のデフォルト パスは、C:\Program Files\Automation Anywhere\Bot Agent です。
    • ローカル ユーザー レベルでインストールされている Bot agent のデフォルト パスは、%USERPROFILE%\AppData\Local\Programs\Automation Anywhere\Bot Agent です。
  3. AADiagnosticUtility.exe と入力して、Bot agent 診断ユーティリティを実行します。
    診断チェックを行うためのさまざまなオプションが、その説明とともに表示されます。
    オプション 説明
    -checkDownloadError <CR_URL> bot のデプロイに失敗した場合、bot 依存関係のダウンロード エラーをチェックします。
    注: エラー メッセージはデバイスのメモリに保持され、Bot agent サービスが再起動されたときに削除されます。

    このオプションは、Bot Runner デバイスが Control Room に接続されていても、依存パッケージが Bot Runner デバイスにダウンロードされないためにオートメーションが失敗した場合に使用します。この場合、さらに詳しい診断を行うための提案がユーティリティに表示されます。

    -checkProxy <CR_URL> デバイスのプロキシ設定を確認します。

    Bot Runner デバイスが Control Room に接続できない場合、このオプションを使用して、プロキシが利用可能かどうか、または Bot agent で使用するように構成されているかどうかを確認します。

    importProxy オプションを使用してプロキシの設定をインポートするオプションも用意されています。

    -checkWSError <CR_URL> WebSocket の接続とエラーをチェックします。
    注: エラー メッセージは、デバイスのメモリに保持され、Windows タスク マネージャーの [サービス] タブから Bot agent サービスが再起動されたときに削除されます。

    WebSocket 接続エラーのために Bot Runner デバイスが Control Room に接続できない場合、このオプションを使用すると考えられる理由が表示され、さらに調査できます。

    -collectlogs Bot Runner デバイスから複数のログをキャプチャすることで、問題に関する情報収集にかかる時間を短縮します。
    このオプションは、デバッグおよびトラブルシューティングのために、その日のノード マネージャー、bot Launcher、イベント ビューアーのログをキャプチャして、ユーティリティが実行されているデバイス上の圧縮されたフォルダーに保存する場合に使用します。
    • システム レベルでインストールされた Bot agent の場合、ログは C:\ProgramData\AutomationAnywhere\BotRunner\Logs\bot_agent_logs_<datetimestamp>.zip に保存されます。
    • ローカル ユーザー レベルでインストールされた Bot agent の場合、ログは %USERPROFILE%\AppData\Local\AutomationAnywhere\BotRunner\Logs\bot_agent_logs_<datetimestamp>.zip に保存されます。
    Recommendation:
    • セキュリティ イベントの Windows ログをキャプチャするには、ユーティリティを昇格された特権で実行 (管理者として実行) します。

      昇格された権限を使用せずにユーティリティを実行すると、以下のエラーが表示されます。

      エラー: security_event_viewer_<date>.evtx をキャプチャできません。
    • ストレージ領域を確保するため、デバッグの後にファイルを削除してください。
    -configProxy <CR_URL> 必要に応じて、プロキシ構成を確認し、プロキシ資格情報を設定します。

    認証されたサーバーに対する資格情報が見つからないために Bot Runner デバイスが Control Room に接続できない場合、このオプションを使用して、プロキシ サーバーの資格情報を構成します。Control Room にログインして、接続の問題が解決したことを確認します。

    -importProxy <CR_URL> ログインしているユーザー デバイスからシステム ユーザー デバイスにプロキシ設定をインポートします。
    注: プロキシ設定をインポートするには、管理者権限が必要です。

    プロキシ サーバーの問題のために Bot Runner デバイスが Control Room に接続できない場合は、このオプションを使用して、ログインしているユーザーから Bot agent のシステム ユーザーにプロキシ設定をインポートします。

    このオプションを使用すると、以下に関する情報が表示されます。
    • プロキシ サーバーが認証されているかどうか。
    • Control Room URL がプロキシ サーバーの安全な受信者リストに追加されます。
    • プロキシ構成の一部として、WebSocket 接続が許可されています。
    -importSSLCertificate path_to_ssl_certificate 必要に応じて、SSL 証明書を Java 資格情報ストアにインポートします。
    注: SSL 証明書をインポートするには、管理者権限が必要です。

    SSL 証明書が無効なために Bot Runner デバイスが Control Room に接続できない場合は、このオプションを使用して、SSL 証明書をインポートします。importSSLCertificatepath_to_ssl_certificate オプションで指定したファイルの場所で、有効な証明書ファイルが利用可能なことを確認する必要があります。

    インポートした証明書を有効にするには、Automation AnywhereBot agent サービスを再起動する必要があります。

    -list ローカル デバイス上のアクティブな bot デプロイを表示します。

    このオプションを使用して実行中の、オートメーション (bots) をチェックして一覧表示します。

    -ping <CR_URL> Control Room および Bot Runner デバイス間の接続を確認します。

    このオプションを使用して、Bot Runner デバイスから Control Room に Ping (到達) できるかどうかをチェックします。

    -validateSSLCertificate <CR_URL> SSL 証明書の有効性をチェックし、証明書が有効か無効かを表示します。
    注: このチェックを行うには、読み取り権限が必要です。

    SSL 証明書が無効なために Bot Runner デバイスが Control Room に接続できない場合は、このオプションを使用して、SSL 証明書が有効かどうかをチェックして表示します。この問題を解決するには、importSSLCertificate オプションを使用します。

  4. コマンド プロンプトで次のオプションを入力します。 <filepath>\AADiagnosticUtility.exe -<option> <CR_URL>
    たとえば、WebSocket のエラーを確認するには、コマンド プロンプトに次のように入力します。 AADiagnosticUtility.exe -checkWSError https://yourcrurl.com/
    このオプションは次のような結果を返します。「このデバイスでは最近 Web ソケット エラーは発生していません

    その他のオプションを使用して、さらに診断チェックを行います。

フィードバックを送る