Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 On-Premisesの前提条件

  • 更新済み: 2021/09/28
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace

Automation 360 On-Premisesの前提条件

システムのハードウェアとソフトウェアが Automation 360 On-PremisesControl Room のインストールに適しているかどうかを確認します。

ハードウェア要件

Control Room サーバー要件
Control Room は、データセンター内のサーバーにデプロイされます。Automation Anywhere の最小ハードウェア要件には、サーバー タイプ、マシン タイプ、プロセッサー、RAM、ディスク ストレージ、ネットワーク要件の要件が含まれます。
Control Room でサポートされているオペレーティングシステム、環境、プラットフォーム
Automation 360 は、AWSMicrosoft AzureGoogle Cloud Platform、IBM に加えて、Control RoomBot agent のハードウェアおよびソフトウェア要件を満たす任意のパブリック、プライベート、またはハイブリッド クラウド サービスでホストできます。
Bot agent の互換性
Bot agent は、 bots を作成および実行できるAutomation 360プラグインです。エージェントは、Control Room へのアクセスに使用されるデバイスにインストールされます。Bot agent のインストールは、デバイスの登録の一部です。
資格情報要件
ログイン資格情報は、Automation Anywhere のデプロイおよび使用のさまざまな段階で必要です。資格情報は、インストールとデータ センター サーバー、Automation Anywhere コンポーネントへのアクセス、bots でツールを実行するために必要です。
対応クラウド プラットフォーム
対応クラウド プラットフォームのさまざまな Automation 360 機能をレビューします。

データ センターの要件

データベース要件
SQL Server を使用
Control Room データベースを設定する前に Microsoft SQL Server を構成します。
Azure SQL PaaS との連携
Azure と PaaS SQL データベースの使用には、Azure インスタンスからの構成が必要です。
ロード バランサーの要件
Automation Anywhere インストールのロード バランサーの要件を表示します。これには、ロード バランサーの最小要件と、TCP と HTTPS レイヤーの両方のロード バランサー要件が含まれています。
ポート、プロトコル、ファイアウォール要件
Automation Anywhere デプロイのために、デフォルトの設定可能なファイアウォール、ポート、プロトコルの要件を表示します。
RPA Workspace のブラウザ要件
Automation 360 (On-Premises または Cloud デプロイ) と Community Edition のユーザー インターフェースはブラウザを介してアクセスできます。
Automation Anywhere Enterprise 導入モデル
高可用性導入
高可用性 (HA) デプロイ モデルは、分散ロード バランサーを使用して、Control Room のサーバー、サービス、データベースに耐障害性を提供します。
災害復旧導入
災害復旧 (DR) デプロイ モデルでは、地理的領域に分散された高可用性 (HA) クラスターを使用します。
単一ノード導入
単一ノード構成では、1 つのサーバーまたはマシン上で Control Room のみホストされます。

追加要件

アプリケーションのトランスポート レイヤー セキュリティの設定
Automation 360 インストーラーの [トランスポート レイヤー セキュリティ (TLS) の設定] ウィザード ページを使用して、自己署名証明書を生成するか、セキュリティ証明書をインポートして、安全性の高い Control Room インスタンスを設定します。
Naming guidelines for Control Room URLs
ドメインやサブドメインの Control Room URL を設定する際には DNS (Domain Name System) のガイドラインに従う必要があります。

Automation Anywhere のサポート サイトの記事も参照してください。Automation 360 On-Premises prerequisites (A-People login required)

フィードバックを送る