Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 オンプレミス の前提条件

  • 更新済み: 2022/03/10
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

Automation 360 オンプレミス の前提条件

システムのハードウェアとソフトウェアが Automation 360 オンプレミスControl Room のインストールに適しているかどうかを確認します。

ハードウェア要件

Control Room サーバー要件
Control Room は、データセンター内のサーバーにデプロイされます。Automation Anywhere の最小ハードウェア要件には、サーバー タイプ、マシン タイプ、プロセッサー、RAM、ディスク ストレージ、ネットワーク要件の要件が含まれます。
Control Room でサポートされているオペレーティング システム、環境、プラットフォーム
Automation 360 は、AWSMicrosoft AzureGoogle Cloud Platform、IBM に加えて、Control RoomBot エージェント のハードウェアおよびソフトウェア要件を満たす任意のパブリック、プライベート、またはハイブリッド クラウド サービスでホストできます。
Bot エージェント の互換性
Bot エージェント は、Bot を作成および実行できる Automation 360 プラグインです。このエージェントは、Control Room へのアクセスに使用されるデバイスにインストールされます。Bot エージェント のインストールは、デバイスの登録の一部です。
資格情報要件
ログイン資格情報は、Automation Anywhere のデプロイおよび使用のさまざまな段階で必要です。資格情報は、インストールとデータ センター サーバー、Automation Anywhere コンポーネントへのアクセス、Bot でツールを実行するために必要です。
対応クラウド プラットフォーム
対応クラウド プラットフォームのさまざまな Automation 360 機能をレビューします。

データ センターの要件