Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

スクリプトを使用した Microsoft Windows Server での Automation 360 の更新

  • 更新済み: 2022/06/27
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

スクリプトを使用した Microsoft Windows Server での Automation 360 の更新

既存のユーザー構成を維持するために、カスタマイズされたスクリプトとパラメーターを使用して Automation 360 を更新します。

前提条件

このタスクを実行するには、Control Room 管理者であり、必要な権限と許可を持っている必要があります。

  • Automation 360 オンプレミス の前提条件 を検証します。
  • 次の条件と情報が揃っていること確認します。
    • Automation Anywhere Control Room インストール ファイル
    • TLS 証明書
    • ライセンス ファイル
Sample config.properties file: 参照用に、このページの最後でサンプルの config.properties ファイルを確認できます。

Automation 360 を更新する PowerShell スクリプトを作成し、実行します。

手順

  1. 必須パラメーターを使用して PowerShell スクリプトを作成します。
    以下は、Automation 360 をアップグレードするための PowerShell スクリプトのサンプルです。
    # Script Begins
    # It fetches Data from config.properties file present under the same directory level
    
    $PropertyFilePath = 'C:\script\config.properties'
    $rawProperties = cat $PropertyFilePath
    $propertiesToConvert = ($rawProperties -replace '\\' ,'\\') -join
    [Environment]:: NewLine;
    $properties=ConvertFrom-StringData $propertiesToConvert
    $env:SEE_MASK_NOZONECHECKS = 1
    
    # Setting up the logger and InstallerRoot Directory
    
    $baseLogFilePath=$properties.baseLoggingDirectory
    $logFilePath=$baseLogFilePath+'Express_CR_Installation_Scenario1.txt'
    $baseInstallerPath=$properties.baseInstallerDirectory
    $installer_name_regex=$properties.installerNameRegex
    
    # Logging Begins
    
    Start-Transcript -Path $logFilePath -Append -IncludeInvocationHeader
    
    $binary = Get-ChildItem $baseInstallerPath | Where-Object { $_.FullName -imatch $installer_name_regex }
    $a = $binary.FullName
    $final_commandline = " /update /s /v/qn /v""/L*v CR_Onprem_Installationlog_Scenario1.txt"""
    
    # Recording the Start Time
    Get-Date -Format g
    
    # Invoking the Installer here
    $processdetail = (Start-Process -FilePath $a -ArgumentList $final_commandline -Wait -Passthru).ExitCode
    
    # Recording the End  Time
    Get-Date -Format g
    
    
    Stop-Transcript
    
  2. オプション: 要件に応じてパラメーターを含めるように、スクリプトをカスタマイズします。
  3. スクリプトをインストール サーバーに保存します。
  4. 管理者としてインストール サーバーにログインします。
  5. PowerShell を管理者モードで起動します。
  6. 次を実行します。
    Set-ExecutionPolicy Unrestricted -Scope CurrentUser -Force
    .\install.ps1
    注: サイレント インストールのログはインストール スクリプトの実行元のフォルダーに保存されます。たとえば、スクリプトが C:\Silent Install から実行された場合、ログは C:\Silent Install フォルダーに保存されます。
  7. 以下を検証します。

config.properties ファイルの例

# Properties utilized across all Scenarios
# Reference of Scenarios ,please check - https://automationanywhere.atlassian.net/wiki/spaces/EN/pages/1789887938/A2019.09+Windows+On+Prem+Installer

# Default/Express Mode Params

baseLoggingDirectory=C:\script\logs\
baseInstallerDirectory=C:\script\
installerNameRegex=AutomationAnywhereEnterprise_A2019
フィードバックを送る