Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Universal Recorder でのタスクの記録

  • 更新済み: 2021/01/04

    Universal Recorder でのタスクの記録

    テキスト ボックス、ボタン、テーブル、メニュー、オプション ボタン、コンボ ボックス、チェック ボックス、リスト ビュー、リンク、ツリー、ページ タブなど、オブジェクト コントロールとのインタラクション (クリック、キーストローク、マウスの動き) をキャプチャするには、Universal Recorder を使用します。

    前提条件

    • Recorder を使用するには、すでに以下の項目を実行している必要があります。
    • デバイスの表示とフォントの倍率を 100% に設定します。

      Recorder package バージョン 2.0.6-20200626-193519 以降を使用している場合は、Google ChromeInternet ExplorerJava、Microsoft Active Accessibility、および Microsoft UI の自動化アプリケーションで、デバイスの表示倍率が 100%、125%、150% のいずれかに設定されたコンピューターでタスクを記録できます。

    • ブラウザを使用してタスクを自動化する場合は、ズーム レベルを 100% に設定します。

      Recorder package バージョン 2.0.6-20200626-193519 以降を使用している場合は、ズーム レベル設定が 100% でない Google Chrome ブラウザでタスクを記録できます。

    • Google Chrome ブラウザを使用してタスクを自動化する場合は、Automation 360 ビルド バージョンに対応する Automation Anywhere プラグインが有効になっていることを確認します。

      RPA Workspace のブラウザ要件

    タスクを記録する際の考慮事項:
    • ショートカット キーではなく、可能な場合はクリックを使用します。

      Recorder を使用してオブジェクトをクリックすると、オブジェクトのプロパティが取得され、ランタイム時に bot がオブジェクトを識別できるようになります。キーボード ショートカットは信頼性が低いので、オブジェクトをクリックしてもタスクを自動化できない場合に使用してください。

    • ブラウザを使用してタスクを自動化する場合は、フィールドに値を入力するために自動入力を使用しないでください。
    • タスクはゆっくり記録してください。
    • 記録処理中にウィンドウをドラッグしないでください。
    • 記録して自動化するプロセスで使用しないアプリケーションは開かないでください。
    • Internet Explorer を使用すると、action はブラウザが完全にレンダリングされるまで待機し、準備完了状態になってからactionを実行します。

    手順

    Universal Recorder を使用してタスクを記録するには、次のステップに従います。

    1. Automation Anywhere の Web インターフェースから、Bot > マイ botの順に選択します。
    2. タスクを記録する bot を新規作成するか、既存の bot を開きます。
    3. [記録を開始] をクリックします。
      注: バージョン 2.0.9-20201105-164103 以降では、Recorder packageには Universal RecorderAISense Recorder の両方が含まれています。

      統合された Recorder

      [Automation Anywhere レコーダー] ウィンドウが表示されます。
    4. ドロップダウン リストからウィンドウを選択します。
      最近開いたアプリケーションがリストに表示されていない場合は、[更新] アイコンをクリックしてください。
    5. [Universal Recorder] をクリックします。
    6. タスクのステップを実行します。たとえば、ボタンのクリック、フォームへの入力、Web サイトの検索などです。
      オブジェクトにactionを実行するには、そのオブジェクトにマウス ポインターを移動します。オブジェクトが外枠で強調表示されます。ボックスが表示されない場合は、必要なプラグインが有効になっていることを確認してください。詳細については、「Universal Recorder でサポートされているアプリケーションとブラウザ」を参照してください。
      [レコーダー] ウィンドウには、記録されたオペレーションの数と、最後にキャプチャされたオブジェクトの説明が表示されます。たとえば、「5」と表示されます。[送信] ボタンを左クリックします
      前のオブジェクト キャプチャをやり直すには、[レコーダー] ウィンドウの右下にある [削除] アイコンをクリックして、最新のキャプチャを破棄します。
      安全な記録モードが有効になっている場合、赤い記録アイコンの右側にシールド アイコンが表示されます。

      安全な記録モード

    7. 必要なすべてのオブジェクトのキャプチャが完了したら、[完了] をクリックします。
      オペレーションごとに [キャプチャ] actionが生成されます。
      該当する場合、[レコーダー] が変数を生成します。自分で作成した変数 (ユーザー定義)
    8. actionsを編集するか、[保存] をクリックします。
    フィードバックを送る