Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ユース ケースと例

  • 更新済み: 2020/04/21
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

ユース ケースと例

Designer スクリプト機能がサポートするいくつかのユース ケースを紹介します。

ユーザー スクリプトとユース ケースの例については、「IQ Bot custom logic use cases and examples」を参照してください。

次はいくつかのユース ケースです。
  • 抽出された値のクエリーと ERP システムのデータベースを比較し、値を検証します。
  • "PO 0123456"から"0123456"を抽出します。
  • "ページ x / y"を含むテーブル行を削除します。
  • 1 つのテーブル フィールド (例: 合計項目) から通貨を抽出し、空のテーブル フィールドに保存します。
  • 1 つのテーブル フィールド (例: 項目の説明) から製品番号を抽出します。
  • 住所から郵便番号を抽出します。
  • REST サービスをクエリーします (例: NLP を追加、外部システムからデータを復元など)。
  • フィールドで手書きが可能かどうか、はい/いいえの Boolean 値を返します。
フィードバックを送る