Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

データベース パッケージ

  • 更新済み: 2021/05/25
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

データベース パッケージ

データベースは、販売トランザクション、製品カタログ、在庫、顧客プロフィールなどのさまざまなデータを格納することにより、企業の内部操作をサポートします。データベースに接続して、トランザクションを開始し、データの取得、挿入、更新、削除、CSV ファイルへのエクスポートなど、格納されているデータを操作するには、データベース パッケージ を使用します。

開始前

使用可能なアクション セットの手順の一部として、[データベース] パッケージ内で以下のアクションを実行します。

  1. [接続] アクション を使用して、データベース サーバーとの接続を確立します。

    データベースでの [接続] アクションの使用」を参照してください。

  2. 次のいずれかを選択します。
    • [読み取り対象] アクション を使用して、データベースからレコードを取得します。[読み取り対象] アクションの使用
    • データベースへの変更を含むタスクを自動化する場合は、[データベース トランザクションを開始] アクション を挿入した後、変更を自動化する アクション を実行します。

      このアクションによって、すべてのレコードが完全に更新または削除されるので、実行時間中 Bot でエラーが発生した場合に、レコードが誤って更新されたり、不完全データが削除されたりするのを防ぎます。

  3. このセッションで [データベース トランザクションを開始] アクション を使用した場合は、[データベース トランザクションを終了] を挿入し、変更をコミットします。
  4. データベース アクション はすべて [接続解除] アクション で終わり、データベース サーバーとの接続を終了します。

[データベース] パッケージ内のアクション

[データベース] パッケージ には以下のアクションが含まれます。

アクション 説明
データベース トランザクションを開始 データベース トランザクションを開始します。

[データベース トランザクションを開始] と [データベース トランザクションを終了] アクション の間に挿入した アクション は、単一のユニットとして扱われます。データベースを更新するには、Botがすべての アクション を正常に実行する必要があります。これにより、アクション のいずれかが失敗した場合に、部分的な入力が行われなくなります。

たとえば、ダブルエントリ会計では、すべての借方について貸方の記録が必要です。会社が 5,000 ドルの製品を受け取った場合、会計士は 5,000 ドルを在庫に借方記入し、5,000ドルを買掛金に貸方記入する必要があります。

これらのエントリを記録する アクション を、[データベース トランザクションを開始] と [データベース トランザクションを終了] アクション の間に挿入して、両方のエントリが記録されていることを確認するか、どちらもデータベースに記録されていないことを確認します。

[セッション名] フィールドには、[接続] アクション でデータベース サーバーとの接続に使用したセッション名を入力します。
接続 データベースでの [接続] アクションの使用」を参照してください。

OBDC ドライバーを使用した Snowflake データベースがサポートされます。

接続解除 データベースから接続解除します。[セッション名] フィールドには、[接続] アクション でデータベース サーバーとの接続に使用したセッション名を入力します。

OBDC ドライバーを使用した Snowflake データベースがサポートされます。

データベース トランザクションの終了 Bot がこれらの アクション を正常に実行することを条件に、アクション で実行されたすべてのデータベース操作を、[データベース トランザクションを開始] アクション の後にコミットします。[セッション名] フィールドには、[接続] アクション でデータベース サーバーとの接続に使用したセッション名を入力します。
データ テーブルにエクスポート [データ テーブルにエクスポート] アクションの使用」を参照してください。

OBDC ドライバーを使用した Snowflake データベースがサポートされます。

挿入/更新/削除 データベースから INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントを実行します。
  • [セッション名] フィールドには、[接続] アクション でデータベース サーバーとの接続に使用したセッション名を入力します。
  • [ステートメント] フィールドに、レコードを挿入、更新、削除する SQL ステートメントを入力します。
    • テーブルに新しいレコードを作成するには、INSERT ステートメントを使用します。
      INSERT INTO table_name (column1, column2, column3, ...)
      VALUES (value1, value2, value3, ...);
    • レコードを変更するには、UPDATE ステートメントを使用します。
      UPDATE table_name
      SET column1 = value1, column2 = value2, ...
      WHERE condition;
    • レコードを削除するには、DELETE ステートメントを使用します。
      DELETE FROM table_name WHERE condition;
  • [クエリのタイムアウト (秒)] フィールドに指定した時間が経過すると、実行が完了しなかった場合でもステートメントの実行が停止します。

OBDC ドライバーを使用した Snowflake データベースがサポートされます。

ストアド プロシージャを管理 指定したデータベース内のストアド プロシージャを作成、更新、削除します。ストアド プロシージャは、SQL コードがデータベースに保存されるため、繰り返し実行することができます。
  • [セッション名] フィールドには、[接続] アクション でデータベース サーバーとの接続に使用したセッション名を入力します。
  • [完全なコマンドを入力] フィールドには、ストアド プロシージャを作成、更新、削除するコマンドを入力します。コマンドの入力パラメーターと出力パラメーターを指定できます。[ストアド プロシージャの実行] アクション でその値を保持する値または変数は指定します。
    Recommended: 区切り文字を宣言し、それを使用して SQL ステートメントを閉じます。
    MySQL の例: この例では、Bot は、「sum_of_two」という名前のプロシージャがデータベースにあるかどうかを確認します。データベースにない場合、Bot は、2 つの入力パラメーター (num1 と num2) を受け入れるプロシージャを作成し、それらを加算して出力パラメーターとして合計を生成します。
     DROP PROCEDURE IF EXISTS sum_of_two;
        DELIMITER $$
            CREATE PROCEDURE sum_of_two(IN num1 INT,IN num2 INT,OUT sum INT)
            BEGIN
                SET sum := num1 + num2;
        END
        $$
  • [クエリのタイムアウト (秒)] フィールドに指定した時間が経過すると、実行が完了しなかった場合でもステートメントの実行が停止します。
読み取り [読み取り対象] アクションの使用」を参照してください。

OBDC ドライバーを使用した Snowflake データベースがサポートされます。

ストアド プロシージャを実行 [ストアド プロシージャの実行] アクションの使用」を参照してください。
フィードバックを送る