Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot の前提条件ステップ

  • 更新済み: 8/09/2021
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • IQ Bot

IQ Bot の前提条件ステップ

IQ Bot のインストールを開始する前に手順を実行します。

手順

  1. これはデータベースの作成や BULK INSERT ステートメントを実行するためにインストール中に使用されるため、ユーザーは、SYSADMIN ロールまたは SQL データベース アカウント用の次の権限を持っている必要があります。
    注: Microsoft Azure SQL でのインストールには dbmanager ロールが必要です。
    注: AWS RDS でのインストールには、上記の 3 つの権限を持つロールが必要です。これらの権限は、RDS の db_owner ロールにすでに割り当てられています。

    特定のデータベース ユーザーの権限を付与し、次の TSQL クエリを使用してそのロールの権限を確認します。

    SELECT * FROM fn_my_permissions(NULL, 'SERVER')

  2. まず、IQ Bot を HTTPS で設定するには、HTTPS を有効にします。次の HTTPS 証明書ファイルを使用準備ができた状態に保ちます。
    • .crt 形式の Control Room 証明書 (認証局リスト バンドル)。
    • .crt 形式の Control Room 証明書 (サーバー側のパブリック証明書)。
    • IQ Bot サーバー証明書、.pfx および .crt 形式。
    重要: Control Room.crt 証明書を適切な証明書ストアに手動でインストールします。
  3. 次のポートは IQ Bot サービスで使用されるため開いたままにします。
    ポートとサービスをご覧ください。

  • アプリケーションアクセスポート(設定可能):3000
  • データベースアクセスポート(設定可能):1433
  • 内部アプリケーションサービスポート(固定):8100、9002、9991、9992、9995、9996、9997、9998、9999
  • 受信リスニングポート:
    • IQ Bot - Control Room の通信用に IQ Bot サーバー上の 47100 ~ 47200
    • Control Room サーバー上の 47100 ~ 47200 および 47500 ~ 47600
  • RabbitMQ
    • ポート5672
    • ポート5673

  1. お使いの SQL Server のバージョンが SQL Server Native Client 2012 よりも古い場合はダイアログ ボックスが表示され、アップグレード オプションを選択できます。services.msc を開き、SQL Server (MSSQLSERVER) を停止してアップグレードを実行します。インストール プロセスを続行します。
  2. アップグレード プロセスの間、インストーラーは以前のバージョンの IQ Bot から既存のラーニングインスタンスを検出します。これらのラーニングインスタンスに元のクラシファイアを維持するには、その以前のバージョンの IQ Bot をドロップダウン リストから選択します。これにより、ラーニングインスタンスの動作がその以前のバージョンと整合するようになります。
  3. IQ Bot インストーラーは、SQL Server または Window に対して作成されたユーザー アカウントに関して大文字と小文字を区別します。
    重要: Microsoft SQL Server Management Studio[セキュリティ] > [ログイン] の下の表示されるユーザー名を使用します。大文字で作成した場合は、ユーザー名に大文字を使用してインストーラーを起動します。また、照合データベース プロパティが大文字と小文字を区別されるように設定されているかどうかを検証します。

次のステップ

フィードバックを送る