Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ロールの機能権限

  • 更新済み: 2020/12/07
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace

ロールの機能権限

[AAE_Admin] ロールを持つユーザーまたは [ロールを管理] 権限を持つカスタム ロールは、ロールを作成してユーザーに割り当て、機能やオペレーションへのアクセスを提供できます。

特定の権限を持つ個々のロールを作成することをお勧めします。次に、その特定の権限要件のみを持つユーザーに、制限付きのロールを割り当てます。

Automation Anywhere Robotic Interface (AARI)

権限 説明

チーム間管理

すべてのチームを表示し、チーム メンバーを閲覧する

プロセス間管理

すべてのプロセスを表示し、チーム メンバーとマネージャーを閲覧する

チーム管理

チームを作成および表示し、チームの名前、説明、およびプロセス タグを編集します。新しいチーム、チーム メンバー、割り当てられたプロセスを追加する

タスク管理

チームに割り当てられたプロセスからタスクを送信し、表示します。

ケース管理

チームに割り当てられたプロセスからリクエストを作成し、表示します。

グローバル ケース管理

プロセス リクエストとタスクを表示します。
注: この権限では、リクエストの作成やタスクの送信は行えません。

グローバル プロセス管理

チェックイン済みの公開プロセスおよび割り当てられたマネージャーとチームの表示、プロセス タグの編集、マネージャーおよびチームの割り当てを行います。
注: この権限では、プロセスの作成は許可されません。

グローバル チーム管理

チームおよび割り当てられたユーザーを表示し、チーム名および説明を編集します。新しいプロセス、マネージャー、ユーザーをチームに追加する
注: この権限では、チームの作成は行えません。

API

権限 説明

Bot Insight データ API

本番環境で実行中に Control Room とタスクによって記録されたデータに Bot Insight の RESTful API がアクセスできるようにします。

API キーを生成:

ユーザーは、認証 API で使用可能な apiKey を生成できます。
ユーザー名とパスワード API での認証
注: generateapikey 権限のないユーザーは、ユーザー名とパスワードを使用して認証することによりAPIを使用できます。

ユーザー名と apiKey API で認証

アクティビティ

権限 説明

進行中のアクティビティを表示

すべてのユーザーが自分のアクティビティを表示できます。
注: すべてのロールには、デフォルトでこの権限があります。
進行中のアクティビティを管理 ユーザーは、自分のアクティビティを一時停止、再開、キャンセルしたり、完了したアクティビティを履歴に移動したりできます。