Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Citrix に必要なコンポーネントをローカル マシンにインストールする

  • 更新済み: 2022/06/24
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Citrix に必要なコンポーネントをローカル マシンにインストールする

Automation Anywhere のコンポーネントをインストールすると、BotCitrix Virtual Apps サーバーで使用できるようになります。 2 つのコンポーネントがインストール済みです。Bot エージェントAutomation Anywhere プラグイン (Citrix 用)

手順

  1. ローカル マシンにログインします。
  2. Citrix Receiver をインストールします。
    注: Citrix Workspace アプリを使用することもできます。すべてのメジャー リリースの Citrix Workspace アプリのバージョン.22 は認証されています。
    これは Citrix のコンポーネントで、ローカル マシンが Citrix 仮想アプリケーション サーバーと通信する場合に必要です。

    Citrix Receiver をインストールするには、Citrix の説明書を参照してください。

  3. ローカル マシンを Control Room に登録します。これで Bot エージェント がインストールされます。
    Bot エージェントControl Room がローカル マシンと通信できるようにします。

    Bot エージェント をインストールするには、

    1. Automation Anywhere URL 経由で Control Room にログインします。
    2. [管理] タブの [デバイス] に移動します。
    3. アクション アイコンから、[ローカル Bot エージェントを追加] をクリックします。
    4. [コンピューターに接続] をクリックします。
    5. ウィザードで説明された手順に従います。
    6. [デバイス] ページを更新し、ローカル デバイスが追加されていることを確認します。
  4. ローカル マシンに Automation Anywhere プラグイン (Citrix 用) をインストールします。
    Automation Anywhere プラグイン (Citrix 用) には Citrix ドライバーが用意されています。このドライバーは Citrix サーバーと通信します。

    Automation Anywhere プラグイン (Citrix 用) をインストールするには、

    1. Control Room にログインします。
    2. 指定イベントの 1 つを起動します。
      指定イベントには、[レコーダー] の起動、[デバイス] タブまたは [デバイス ステータス] タブの使用、[エディター] から Bot を実行などが含まれます。
    3. オプション: Automation Anywhere プラグイン (Citrix 用) がインストールされていることを確認します。
      C:\Program Files (x86)\Citrix\ICA Client\Automation.CitrixDriver.dll ファイルを確認します。
フィードバックを送る