Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[テーブルの各行用] 反復子の使用

  • 更新済み: 2020/11/17
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

[テーブルの各行用] 反復子の使用

ループ アクション の [テーブルの各行用] 反復子を使用すると、テーブル変数の各行のデータを読み取り、現在の行をレコード変数に代入することができます。

前提条件

最初にテーブル値を取得し、テーブル変数に保存します。

[ループ] アクション の [テーブルの各行用] 反復子を使用するには、次の操作を実行します。

手順

  1. [アクション] パレットの [ループ] パッケージ の [ループ] アクション をダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [反復子] リストから [テーブルの各行用] オプションを選択します。
  3. [テーブル変数] リストから、値を保持する変数を選択します。
  4. [この変数に現在の行を代入] リストからレコード変数を選択するか、新しい変数を作成します。
  5. [保存] をクリックします。

次のステップ

オートメーションでデータ テーブルの値を使用する アクション を挿入します。レコード変数を使用して、インデックス番号または列名で値を取得します。たとえば、ファイルの最初の列の名前が EmployeeID である場合、各行の最初のセルの値を取得するには、$rYourVariableName[0]$ または $rYourVariableName{EmployeeID}$ と入力します。
フィードバックを送る