Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

パッケージ開発時のアクションの整理とグループ化

  • 更新済み: 2022/05/19
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

パッケージ開発時のアクションの整理とグループ化

パッケージ SDK 開発プロセス中に アクション を追加およびグループ化する方法について、提供されている例を確認します。

例: アクション を追加
@BotCommand

//CommandPks adds required information to be dispalable on the UI.
@CommandPkg(
		//Unique name inside a package and a label to display.
		name = "concatenate", label = "[[Concatenate.label]]", 
		node_label = "[[Concatenate.node_label]]", description = "[[Concatenate.description]]", icon = "pkg.svg", 
		
		//Return type information. return_type ensures only the right kind of variable is provided on the UI. 
		return_label = "[[Concatenate.return_label]]", return_type = STRING, return_required = true)
例: アクション をグループ化

UI でも [グループ連結] として表示される [グループ連結] に、[group_label] を使用します。group_label が使用されていない場合、それぞれのパッケージのすべてのアクションを取得します。

@BotCommand

//CommandPks adds required information to be dispalable on the UI.
@CommandPkg(
		//Provide a unique name inside a package and a label to display.
		group_label = "ConcatenateGroup", name = "concatenateWithGroup", label = "concatenateWithGroup",
		node_label = "[[Concatenate.node_label]]", description = "[[Concatenate.description]]", icon = "pkg.svg", 
		
		//Return type information. return_type ensures only the right kind of variable is provided on the UI. 
		return_label = "[[Concatenate.return_label]]", return_type = STRING, return_required = true)
public class ConcatenateWithGroup {
フィードバックを送る