Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

資格情報要件

  • 更新済み: 2021/10/19
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

資格情報要件

ログイン資格情報は、Automation 360 のデプロイおよび使用のさまざまな段階で必要です。資格情報は、インストールとデータ センター サーバー、Automation 360 コンポーネントへのアクセス、Bot でツールを実行するために必要です。

アクセス ポイント タスク タイプ
データセンター サーバー Control Room をインストールします。

ホスティング サーバー上のユーザー:

  • Windows - system administrator
  • Linux - スーパーユーザー sudoroot
データセンター サーバー Control Room (実行、停止、再起動) を管理します。 Windows サービスとドメインまたは VM テクニカル ユーザー アカウントの管理者および [サービスとしてログオン] の権限。
Bot エージェント 個のデバイス Bot エージェント のインストール、セットアップ、または更新。 デバイスに対する管理者権限。
Bot エージェント 個のデバイス Bot エージェント サービスを開始または停止します。

デバイスに対する管理者権限。

Bot エージェント デバイス システム パスの書き込み権限:

C:\ProgramData

C:\Windows\System32\config\systemprofile

C:\Users\<loggedInUser>\AppData\Local\AutomationAnywhere

ローカル デバイス デバイスを登録。

Windows のログインでブラウザを開き、Control Room にログインし、ローカル デバイスを登録します。

管理者権限は必要ありません。

ローカル デバイス

Bot をローカル デバイスにダウンロードします。

新規 Bot または既存の (ダウンロード済み) Bot を実行します。

Windows ログイン。

管理者権限は必要ありません。

Automation 360 ログイン Bot の作成や Bot の実行など、特定のタスクを実行します。 ライセンスやロール ベースの権限。

Bot Creator および Bot Runner のユーザーには管理者権限は必要ありません

Bot タスク BotBot タスクを実行するために使用します。

資格情報 Vault は安全に作成された資格情報を保存します。

Bot マシンのシステム パスの読み取り権限:

C:\Windows\System32\config\systemprofile

\AppData\Local\AutomationAnywhere

Automation Anywhere サービス Automation 360 が作成したすべての Windows サービスを実行します。 ローカル システム アカウント ユーザーまたはドメイン ユーザー アカウント

サービス アカウントでインタラクティブ ログオン権を有効にする必要があります。

リモート デスクトッ