Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Google カレンダー パッケージ

  • 更新済み: 2022/06/16
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

Google カレンダー パッケージ

[Google カレンダー] パッケージ には、イベントの作成と削除を自動化できる アクション が含まれています。

開始前

[Google カレンダー] パッケージアクション を、次の順番で使用します。
  1. [接続] アクション を使用して、Google サーバーとの接続を確立します。

    Google パッケージの接続アクションの使用」を参照してください。

  2. タスクを自動化するには、この パッケージ で使用可能な アクション の組み合わせを使用します。
    注: 他の Google パッケージ からの アクション を使用するには、その パッケージ の [接続] アクション を使用して接続を確立します。
  3. 接続を終了するには、[接続解除] アクション を使用します。

[Google カレンダー] パッケージ に含まれる アクション

[Google カレンダー] パッケージ には、次の アクション が含まれています。

アクション 説明
イベントを作成 [新しいカレンダー イベントを作成] アクションの使用」を参照してください。
イベントを削除 カレンダーからイベントを削除します。
  • [接続] アクション で指定した同じセッション名を入力します。
  • [イベント ID] を入力します。これは、編集イベントを開いた時に、/eventedit/ の後に表示される URL の文字列です。
  • 任意: イベントを文字列変数に代入します。
フィードバックを送る