Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ビジネス ダッシュボード

  • 更新済み: 2020/09/14
    • Automation 360 v.x
    • 最適化
    • RPA Workspace

ビジネス ダッシュボード

Bot Insight ビジネス ダッシュボードは、Bot のパフォーマンスに基づいて Bot Insight のデータと統計情報を提供します。この情報を生産性の向上に役立て、RPA のデプロイに関するリアルタイムの情報に基づいて対策を講じることができます。

ビジネス ダッシュボードは、Bot のさまざまなビジネス面を視覚的にとらえることができます。このダッシュボードから、デフォルトとカスタムの両方のダッシュボードにアクセスできます。

Bot Insight では、Bot で使用される変数に基づいてデフォルト ダッシュボードが自動的に作成されます。[名前を付けて保存] 機能を使用すると、デフォルト ダッシュボードをカスタム ダッシュボードとして保存することができます。また、[可視化] メニューからカスタム ダッシュボードにウィジェットを追加することもできます。

ウィジェットの使用

カスタム ダッシュボードでは、Bot Insight でダッシュボード ウィジェットから CSV ファイルへデータをエクスポートすることもできます。

ダッシュボード ウィジェットからのデータのエクスポート

ビジネス ダッシュボードでは、以下の操作を実行できます。
  • ダッシュボードにアクセスするには、[検索] テキスト ボックスにダッシュボードの名前を入力します。
  • ダッシュボードにブックマークを設定するには、[お気に入り] タブをクリックします。
  • ブックマークを削除するには、[お気に入り] メニューをダブルクリックします。
ダッシュボードには、以下の Bot 情報が表示されます。
  • [Bot 名]: ビジネス ダッシュボードに関連付けられた Bot の名前が表示されます。
  • [合計表示数]: ダッシュボードを閲覧したユーザーの数が表示されます。
  • [最終更新]: 特定のダッシュボードが最後に更新された日時が表示されます。
  • [変更者]: ダッシュボードを最後に変更したユーザーの名前が表示されます。
ビジネス ダッシュボード タブの横にある矢印をクリックすると、要件に合わせてダッシュボードを分類することができます。

[ダッシュボード名] タブで、アクセスするダッシュボードを選択してダッシュボードを表示します。[検索] テキスト ボックスにダッシュボードの名前を入力して、ダッシュボードに直接アクセスすることもできます。

[一意のカウント] 行で [ランク] をクリックして、各変数のランクを表示します。変数によって記録された文字列データ タイプ値を、最大回数または最小回数で表示することができます。これにより、Bot でデータが正しく記録されたことを確認する機能が強化されます。

文字列データ型値のランクの表示

ビジネス ダッシュボード ウィジェットには、以下の情報が表示されます。
  • 変数の総数
  • 数値変数とトランザクション ステータスとの比較
  • 数値変数の分布とトランザクション ステータスとの比較
  • 数値変数と文字列変数間の分布を表す棒グラフ
  • 数値と文字列の変数間の関係を表す円グラフ

プロフィール ダッシュボードには、Bot の変数およびトランザクション データが表示されます。[タスク名] テーブルには、日付変数、文字列変数、数値変数について、変数名、表示名、データ タイプ、包含情報、最大、最小、平均、合計、および一意のカウントが表示されます。

[トランザクション データ] テーブルには、以下のパラメーターについて、変数名、表示名、データ タイプ、対象、詳細、最大、最小、平均、合計、および一意のカウントの指標が表示されます。
  • [マシン名]
  • [トランザクション名]
  • [トランザクションの開始時刻]
  • [トランザクションの終了時刻]
  • [トランザクション期間の合計] (開始時刻 ~ 終了時刻)
  • [トランザクションのステータス] (進行中または完了)
  • [ユーザー名] (Bot を実行するユーザー)

[データのプレビュー] オプションを使用すると、各変数の記録が維持されているレコードの総数を表示することができます。[分析]、[開く]、または [閉じる] コマンドを使用して複数の [トランザクション ブロック] で Bot を作成および実行すると、タグ付けされたすべてのビジネス変数が [トランザクション名] メニューに表示されます。

フィードバックを送る