Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ラーニングインスタンスの移行

  • 更新済み: 2022/04/26
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • IQ Bot

ラーニングインスタンスの移行

Automation 360 IQ Bot の移行ユーティリティ機能を使用して、環境間でラーニングインスタンスを移行 (エクスポート/インポート) し、類似のラーニングインスタンスの再作成を回避し、関連付けられた Bot のライフサイクルを簡単に管理できます。

ラーニングインスタンスは、IQ Bot 管理者または移行権限を持つカスタム ロールに関連付けられたユーザーが移行できます。[IQ Bot] > [管理者] > [移行] を使用して [移行ユーティリティ] ページに移動し、利用可能なラーニングインスタンスのリストを表示します。

環境間で転送される内容

ラーニングインスタンスをエクスポートすると、以下のアセットを含む IQBA ファイルが作成されます。
  • ドキュメント グループ
  • トレーニング ドキュメント (ドキュメント グループごとに 1 つ)
  • RPA Bot (ドキュメント グループごとに 1 つ)
  • カスタム ドメイン (このタイプのアセットの転送については、Automation Anywhere Enterprise サポートにお問い合わせください)
注: 本番環境ドキュメントはエクスポートできません。

IQ Bot 環境間でのラーニングインスタンスの転送

ラーニングインスタンスを別の環境に移動するには、以下の手順を実行します。

  1. ソースおよび保存先システムが同じ IQ Bot バージョンで動作していることを確認してください。異なる IQ Bot バージョンからのラーニングインスタンスは、データベース スキーマが一致しないため、インポートできません。
  2. データベースをバックアップし、ラーニングインスタンスをソース IQ Bot 環境からエクスポートします (ラーニング インスタンスのバックアップとエクスポート)。
  3. IQBA ファイルを保存先 IQ Bot 環境にインポートします (ラーニングインスタンスをインポート)。
フィードバックを送る