Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ラーニングインスタンスをインポート

  • 更新済み: 2022/05/10
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • IQ Bot

ラーニングインスタンスをインポート

ラーニングインスタンスをインポートして、関連付けられたグループおよび Bot を別の Automation 360 IQ Bot 環境で使用します。

ラーニング インスタンスは、類似したまたは同等の IQ Bot バージョンにのみインポートできます。たとえば、IQ Bot オンプレミス (ビルド 9642) ラーニング インスタンスを IQ Bot オンプレミス または クラウド の同等のバージョンにのみインポートできます。

手順

  1. 管理者として IQ Bot にログインします。
  2. [管理] > [移行] の順にクリックします。
  3. [アップロード] をクリックします。
  4. ファイル システムからアップロードする .iqba ファイルを選択します。

    エクスポートされたラーニングインスタンスは、.iqba ファイルとして保存されます。正しいファイルを選択して、ラーニング インスタンスを新しい IQ Bot 環境にインポートしてください。

  5. 次のインポート オプションから選択します。
    インポート オプション 結果
    オプション 1: インポートされたグループやトレーニング済みの Bot を追加し、既存のラーニングインスタンスを複製:
    新しいドキュメント グループと、既存のラーニングインスタンスの Bot をマージします。
    注: このオプションを使用して .iqba ファイルをインポートすると、インポートされたファイル内のトレーニング済みグループにより、移行先環境内の未トレーニング グループが上書きされます。
    オプション 2: ラーニングインスタンスをインポートし、重複したラーニングインスタンスを無視:

    .iqba ファイル内のラーニングインスタンス ID が移行先環境内の ID と異なる新しいラーニングインスタンスのみ追加します。.iqba ファイル内のラーニングインスタンス ID が移行先環境の ID と同じである場合、ファイルのラーニングインスタンスは追加されません。

    オプション 3: インポートされたラーニングインスタンスを重複する既存のラーニングインスタンスに上書き:

    すべてのドキュメント グループと、移行先環境内の既存のラーニングインスタンスの Bot が、インポートされたファイルのものと置き換えられます。ダッシュボード指標には影響を与えません。

    注: .iqba ファイル内のラーニングインスタンスが編集された場合 (たとえば、フィールドやテーブル列が追加された場合)、このオプションを使用する必要があります。
    オプション 4: 既存のラーニングインスタンスをすべて消去し、インポートされたラーニングインスタンスに置き換え: IQ Bot 環境内のこれまでの作業内容がすべて失われても問題ない場合のみ使用してください。
    追加の考慮事項
    • 移行先環境内のラーニングインスタンスからすでに削除されていたドキュメント グループが .iqba ファイルに含まれており、オプション 1、3、または 4 を使用してそれをインポートする場合、IQ Bot によりそのグループの削除されたバージョンが復元されます。
    • .iqba ファイル内のドキュメント グループは、エクスポート時と同じ状態でインポートされます。たとえば、オプション 3 を選択して、本番環境モードのグループを含むラーニングインスタンスを、ステージング モードのグループを含むインポート済みラーニングインスタンスで上書きした場合、そのインポート済みグループはステージング モードのままになり、受信ドキュメントは自動的に処理されません。
    各オプションがグループに与える影響については、「例: インポート オプションの結果」を参照してください。
  6. [開く] をクリックします。
    ファイルをアップロードしたら、[更新] をクリックしてページを手動で更新し、リストからアップロードしたファイルを使用します。
  7. リスト内のバックアップ エントリの横にあるインポート アイコンをクリックします。
    インポートされたラーニング インスタンスが宛先環境で復元されます。
フィードバックを送る