Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot への移行の前提条件のタスク

  • 更新済み: 2022/04/19
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace

Bot への移行の前提条件のタスク

Automation 360 を設定した後、Enterprise 11 または Enterprise 10 Bot を移行する前に、特定のタスクを実行する必要があります。

  • ライセンス:
    • 移行を成功させるためには、移行先の Automation 360 環境のライセンス要件が、既存の移行元の Enterprise 10 または Enterprise 11 環境と一致する必要があります。
    • 移行には、最低 1 つの Bot Runner ライセンスが必要です。
  • ロール:
    移行を開始するユーザーと移行を実行する Bot Runner ユーザーに [AAE_Bot Migration Admin] ロールを割り当てます。移行を実行する Bot Runner ユーザーは次の権限と条件を満たす必要があります。
    • Unattended Bot Runner ライセンス
    • [自動ログイン設定] ステータス
    • デフォルトのデバイスが設定されている
  • Control Room 設定:
    • 新しいデータベースを使用して Automation 360 をインストールした Enterprise 11 ユーザーと、Enterprise 10 データをコピーしていない Enterprise 10 ユーザーは、Automation 360Bot を除く Enterprise 11 または Enterprise 10 のすべてのエンティティを手動で作成する必要があります。作成する必要があるエンティティの詳細については、「手動移行の前提条件」を参照してください。
  • Bot エージェント: 移行に使用するデバイスに Bot エージェント をインストールします。デバイスの登録と Bot エージェント のインストール
  • Bot: Bot のプロダクト バージョンバージョンを移行するには、SVN バージョン管理対応 Enterprise 11 Control Room の BLM 機能を使用して Enterprise 11 Bot をインポートします。「Bot をインポート」を参照してください。

次のステップ

Enterprise Bot への移行

フィードバックを送る