Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Enterprise bots への移行

  • 更新済み: 2021/12/10
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace

Enterprise bots への移行

bot 移行処理では、Bot Migration Wizard を使用して、.atmx 形式と .mbot 形式の Enterprise 11 または Enterprise 10 bots (TaskBots および MetaBots) を Automation 360 で使用される .bot 形式に変換し、正常に移行した botsControl Room の公開ワークスペースにアップロードします。

前提条件

bots 移行に関するすべての前提タスクを必ず完了してください。bots への移行の前提条件のタスク

bots の手動の依存関係はすべて、移行中に Control Room の依存関係として自動的に変換されます。[Control Room ファイルをコピー] アクションを選択すると、これらの依存関係が Control Room からそれぞれの場所にコピーされます。

手順

  1. Automation 360 ステージング環境にログインします。
  2. [管理] > [移行] の順にクリックします。
    注: botsEnterprise 10 から Enterprise 11 に移行した場合、その移行に関する情報は [移行リスト] ページに表示されません。
    Bot 移行ウィザードへのナビゲーション
  3. Bot Migration Wizard 画面で、[Bot を移行] をクリックします。
  4. [設定] ページで情報を入力します。
    オプションアクション
    名前 移行名を入力するか、デフォルト名を使用します。デフォルトの移行名には、ログイン ユーザー、現在の日付、タイム スタンプが表示されます。
    説明 移行の説明を入力します。
    同じ名前の bot が存在する場合は上書きする 同じ名前の bot がフォルダーに存在する場合に既存の bot を上書きするには、このオプションを使用します。
    「Excel セル行」のレガシー動作を使用 バージョン 11.3.0 以前のバージョンから移行する場合や、[Excel セル行] システム変数のレガシー動作を保持する場合に、このオプションを選択します。
    EWS 電子メールサーバーの設定 Enterprise 11 で EWS を使用している場合に、このオプションを選択します。このオプションを選択した場合は、以下のフィールドに入力します。
    • ドメイン名: このフィールドには、デフォルトのグローバル値があらかじめ入力されています。
    • Exchange のバージョン: リストからオプションを選択して、Enterprise 11 で設定されている EWS サーバーのバージョンを指定します。
    • 認証タイプ: リストからオプションを選択して、Enterprise 11 で設定されている EWS サーバーの認証タイプを指定します。
    Bot 移行ウィザードの [設定] タブ
  5. [次へ] をクリックします。
  6. 移行する bots (TaskBots および MetaBots) を含む bots とフォルダーを選択します。
    フォルダーを選択できるので、フォルダー内から bots を個別に選択するよりも効率的です。
    • フォルダーを選択した場合は、そのフォルダー内のすべてのサブフォルダー、およびサブフォルダー内のすべての bots が自動的に移行対象として選択されます。
    • フォルダーが空の場合は、移行処理でエラーが発生します。
    [最後の移行] 列は、前回の bot の移行日時を示します。「N/A」は bot が過去に移行されていないことを意味します。
    Bot 移行ウィザードの [Bot] タブ
  7. [次へ] をクリックします。
  8. リストから 1 つまたは複数のユーザー名を選択して移行を実行し、右矢印をクリックします。
    [デバイス] 列には「実行時に選択されました」またはデバイス名が表示されます。デバイス名は、そのユーザーの登録済みデバイスを示します。「実行時に選択されました」が表示されるのは、ユーザーがデフォルトのデバイスを持っていない場合です。たとえば、ユーザーはデバイスを登録しておらず、システム管理者がそのユーザーにデバイスを割り当てている場合です。選択したすべての Bot Runners に対してデフォルトのデバイスを構成する必要があります。
    • Bots は、選択した Bot Runner ユーザーの間でラウンドロビン方式で分配されます。
    • 選択したリストの最初の Bot Runner ユーザーが最初に使用されます。
    • bot とその依存関係は単一の Bot Runner ユーザーに割り当てられます。
    [Bot Runner] タブから Bot 実行者を選択する
  9. [次へ] をクリックします。
  10. オプション: 移行する前に、[Bot と依存関係にある Bot] ページで依存関係にある TaskBotsMetaBots を確認します。

    フォルダーと bots を [Bot] ページで選択済みの場合は、そのフォルダーと選択した bots の依存関係がテーブルに表示されます。

    依存関係にある bots (TaskBotsMetaBots) はプライマリ bot の前に移行されます。
    この表では、プライマリ bot を下に、その依存関係を上に示します。たとえば、以下の情報は、Sample05.atmxSample04.atmx に依存し、Sample04.atmxMessageBox.atmxMetaTask.mbot に依存していることを示しています。
    タイプ 名前 パス
    MetaBot (mbot) MetaTask.mbot Bots\My Metabots\MetaTask.mbot
    TaskBot (atmx) MessageBox.atmx Bots\MyTasks\MessageBox.atmx
    TaskBot (atmx) Sample04.atmx Bots\MyTasks\Sample04.atmx
    TaskBot (atmx) Sample05.atmx Bots\MyTasks\Sample05.atmx
  11. [Bot を移行] をクリックします。
    移行を開始したユーザーと選択した Bot Runner ユーザーが移行を実行するのに必要な権限を持っているかどうかが、システムによって検証されます。また、移行を実行するユーザーと選択した Bot Runners に、次のすべての権限が付与されているかどうかが確認されます。
    • 移行を実行するユーザー:
      • [移行を表示] 権限
      • [移行をマネージ] 権限
      • 移行する bots および MetaBots が含まれたフォルダーに対する権限
      • 移行を実行するために選択する、Bot Runners へのアクセス権を持つロール ([管理] > [移行] > [別のユーザーとして実行] ページ上)。
      • [すべての資格情報属性値を表示および編集] 権限
    • Bot Runners:
      • Unattended Bot Runner ライセンス
      • [自動ログイン設定] ステータス
      • [Bot Runner ユーザーに移行の実行を許可] 権限
      • [資格情報の標準属性を作成] 権限
      • [フォルダーを作成] 権限
      • [パッケージを表示] 権限
      • [デバイスを登録] 権限
      • [マイ Bot を表示] と [マイ Bot を実行] 権限
      • Automation 360My Tasks および My Metabots フォルダーに対する [チェックイン] および [チェックアウト] 権限
    必要な権限のいずれかが付与されていない場合、検証結果にそれらの権限が表示されます。この場合、必要な権限を付与して、移行処理を再度開始する必要があります。
    必要なすべての権限がユーザーに付与されている場合は、選択した bots とその依存 bots の移行が開始されます。
    移行を終えると、正常に移行された bots、関連する Bot Insight データ、公開されたダッシュボードが Automation 360 Control Room の公開ワークスペースにアップロードされます (.atmx ファイルがあるフォルダー)。公開ワークスペースに格納されるのは、Control Room から開始された bot 移行だけです。
    それぞれの bot の検証エラーの詳細は、bot 移行結果に表示されます。エラーの詳細には、行番号、エラーの詳細、理由と推奨事項が含まれています。

    Bot 移行結果には、移行された bots の数がそれぞれのステータスとともに表示されます。[ステータス] 列をクリックすると、bots を特定のステータスでフィルタリングして、素早く分析できます。

    [理由] 列で、[移行の問題を見る] オプションをクリックすると、そのエラーの詳細な理由が表示されます。[移行の問題を見る] ダイアログ ボックスには、エラーが発生した行番号、エラーの概要、およびレビュー用の詳細なエラー レポートが表示されます。

    1. bot をチェックアウトして、bot に関連付けられている非公開ダッシュボードを移行します。
      非公開ダッシュボードは、最初に関連する bot をチェックアウトしたユーザーについてのみ移行されます。
    2. [アクティビティ] > [進行中] ページで、進行中の移行アクティビティを確認します。
    選択した Bot の依存関係を確認して、Bot を移行します。

次のステップ

bot 移行の確認 | 移行レポートを表示
フィードバックを送る