Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

移行した Bot に加えられた変更を Bot アシスタントで表示する

  • 更新済み: 2022/04/19
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace

移行した Bot に加えられた変更を Bot アシスタントで表示する

Bot アシスタントは、レビューまたはアクションが必要な、またはエラーがあるために対処する必要がある、Bot のすべての行の包括的なビューを提供します。注意が必要な Bot の領域をすばやく特定し、Automation 360 移行後の Enterprise 11 または Enterprise 10 Bot の変化を確認できます。

前提条件

  • Enterprise 11 または を に移行Enterprise 10Botする必要がありますAutomation 360
  • 移行のレビューとアクションのメッセージを確認するユーザーには Bot Creator または Bot Runner ライセンスが割り当てられている必要があります。
  • Bot アシスタントで移行レビューとアクションのメッセージを表示するには、Bot Creator には [移行を表示] 権限が必要です。

Automation 360 に正常に移行されたものの、移行した Bot に多少の変更が加えられた Bot については、確認メッセージが提供されます。このような確認メッセージでは、Automation 360 に移行された後の Enterprise 11 または Enterprise 10 コマンドの動作の変化が示されます。

移行した Bot が、Bot Scanner レポートの [メッセージ] タブに表示されている場合は、それに対応した Bot アシスタントを開くことができます。移行後のコマンドの変更に関するメッセージを確認し、変更を分析したら、確認したメッセージに確認済みのマークを付けます。また、Bot アシスタントでは、Bot で行ったすべての変更を Bot エディター から確認できます。

手順

  1. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
    使用可能な Bot とフォームのリストが表示されます。
  2. メッセージBotを確認する移行済みメッセージを開きます。
  3. ツールバーの Bot アシスタント アイコンをクリックすると、Bot アシスタントが開きます。
  4. [開始する] をクリックします。
  5. Bot アシスタント画面で、[確認が必要] タブをクリックすると、確認が必要なメッセージが表示されます。
  6. 変更に関する詳細情報を表示するには、[確認が必要] タブのメッセージをクリックします。
  7. [確認済みとマーク] オプションをクリックして、そのメッセージを確認済みとしてマークします。
    確認済みとしてマークされたメッセージは、[確認済み] タブに表示されます。
    注: メッセージは、プライベート リポジトリで使用可能な移行済みメッセージのみBotレビュー済みとしてマークできます。
フィードバックを送る