Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

標準フォームのラーニングインスタンスの作成

  • 更新済み: 2022/07/12
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

標準フォームのラーニングインスタンスの作成

ラーニングインスタンスは、標準フォームからコンテンツを抽出、トレーニング、検証するために IQ Bot で使用されます。IQ Bot で標準フォームを処理するためにラーニングインスタンスを作成するには、次の手順に従います。

IQ Bot 抽出サービスの使用

アクティブな IQ Bot 環境にアクセスしてラーニングインスタンスを作成できることを確認します。

ラーニングインスタンスを作成する」を参照してください。

Microsoft Azure Form Recognizer サービスの使用

  1. [ドキュメント タイプ] ドロップダウン メニューから、[標準フォーム] を選択します。
  2. [標準フォーム設定] タブの [プロバイダ名] ドロップダウン メニューから、フォームを処理するプロバイダを選択します。
  3. [構成タイプ] ドロップダウン メニューから、サポートされている構成を選択します。

    これにより、インストール時に設定されたプロバイダ サービスのいずれかに接続できます。

  4. [モデルを選択] ドロップダウン メニューから、選択した構成のトレーニング済みのモデルを選択します。
  5. [参照] をクリックして参照ドキュメントをアップロードします。
    たとえば、構成タイプとモデルを請求書として選択した場合、分析する必要がある請求書ファイルをアップロードできます。
    注: 参照ドキュメントは、データ抽出元のドキュメント タイプを表しているものにすぎません。
  6. [抽出するフィールド] タブから、値の抽出元のフィールドを選択します。

    フィールドは、トレーニング済みのモデルで設定された選択済みフォームに基づいて表示され、さらにフィールドを追加することはできません。

  7. [インスタンスを作成して分析] をクリックします。ドキュメントが分析され、論理グループに分類されます。
    注: デフォルト グループは 1 つだけ作成されます。システム識別領域 (SIR) は表示されず、トレーニング関連のフィールドはすべてグレー表示されます。標準フォームのラーニングインスタンスにはトレーニング済みのモデルが含まれているため、グループの追加トレーニングは必要ありません。追加できるのは、検証パターンとカスタムロジックのみです。

    ラーニングインスタンスを作成したら、標準フォームに固有のグループを追加する必要があります。

  8. [ラーニングインスタンスの詳細情報] ページで、[グループを追加] をクリックします。
  9. グループ ラベルを <標準フォームのレイアウト名> として作成します。

    たとえば、2021 年分の W-4 ドキュメントがある場合、W4_2021 と入力します。

  10. [保存] をクリックします。
  11. システムが生成したグループを開く
  12. [Bot を削除] をクリックします。

    システムが生成したグループが [ラーニングインスタンスの詳細情報] ページから削除されます

フィードバックを送る